★注目の記事★ -アンテナヘッドライン-

世界のマネー

1: 名無しの海外速報です 2017/02/11(土) 21:18:32.40 _USER
【なぜ富裕層は「ロレックス」を買わないのか?
 

富裕層はどうしてお金が貯まり、庶民はどうしてお金が貯まらないのか? その違いを金融のプロフェッショナルが徹底検証する。

d0159403_7415018

 富裕層が共有する投資マインド

 私は、かつて野村證券でプライベートバンキング部門を担当していた。顧客は当然、企業経営者、医師、大地主といった富裕層ばかり。日本だけでなく、華僑、ユダヤ人といった海外の大富豪とも会ってきた。
そして、数多くの富裕層と公私ともに深く付き合ううちに、私は彼らに共通する点を見出した。それは「投資」という視点で、人生哲学から日々の暮らしまで、すべての物事を判断しているということだ。代々の資産家も、一代で巨万の富を築いた実業家も同じである。

 一般庶民の人が投資と聞いて思い浮かべるのは、株や不動産、外貨預金、個人年金といった資産運用の手段だろう。
しかし、富裕層は違う。「洋服や靴を買う」「外食や旅行に行く」といった、あらゆる消費行動も投資と捉え、対価に見合う、もしくはそれを上回るリターンが得られるかどうかで判断する。億単位の商品でも価値を認めたら即決で買うが、逆に100円の商品でもムダと考えたらビタ一文出さない。
 たとえば、いま私の手元には「iPad」がある。使わなければ、ただの板状の通信端末だが、私は経済情報の収集、顧客とのビジネスコミュニケーション、プレゼン用のツールとして仕事でフル活用し、多くの利潤を生み出してきた。
安くはないツールだが、元は取ったといえる。私の話がしたいわけではないが、こうした考え方が身に付いているかどうかが、富裕層と一般庶民の人との差といえる。

「富裕層は派手な高級ブランドで着飾っている」というイメージを持っている人が少なくないはず。しかし、それは半分正しく、半分間違っている。

 確かに、富裕層の多くは高価なスーツや腕時計を身に着けているが、決して派手ではない。腕時計であれば、一般庶民の人には「ロレックス」が人気だが、富裕層の間では「パテック・フィリップ」が根強い人気を持つ。主張しないデザインで、わかる人にしかわからないが、高級車1台と同じくらいの値段の時計だ。富裕層のスーツも、落ち着いた色調や柄で目立たないのだが、よく見ると最高級の生地を使った、仕立てのいいオーダーメードだったりする。それはなぜか?

23948

 一般庶民の人は少しでも目立ちたいので、派手なスーツや腕時計を選ぶ。一方、富裕層は「相手にどう見られるか」という視点でファッションを選ぶ。一番大切なのは信用力だ。
それゆえ、落ち着いたファッションで身を固め、「財力があるのに、それをひけらかさない堅実な人だ」と思ってもらえるように心がける。
つまり、富裕層にとってはファッションでさえ、自分の評価を高めるための一種の投資なのだ。

(続きはサイトで)






【なぜ富裕層は「ロレックス」を買わないのか? 〜暮らし方や考え方、一般庶民とはココが違う】の続きを読む

1: 名無しの海外速報です 2017/02/10(金) 13:40:27.72 _USER9
【三菱UFJとみずほ銀、ついに預金利回「0.00%」】

 国内メガバンクの預金利回りがついに「0.00%」となった。
 マイナス金利導入から1年が経過し貸出利回りの低迷が続く中、三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行は4ー12月(第3四半期)決算で初めて預金利回りをゼロ%と開示した。


234

 決算資料によると、ゼロになったのは主に預金者に支払う利息などを示す「預金等利回り」。
 両行とも前年同期の0.03%から0.00%(4ー9月期は0.01%)に低下した。
 ただ、これは小数点第3位を切り捨てた結果で、実際にはわずかながら利回りはある。
 三井住友銀行では4月から0.01%の状態が続いている。

3453

 お金は経済の血液だ。預金利回りには銀行にお金を預けることで預金者が得る利息などが反映されている。
 銀行は預金で集めたお金を事業会社などに貸し、融資金利の一部を預金者に返す。
 預金利回りの低さは、お金という血液が日本経済の好循環にうまく活用されていないことを暗に物語っている。


(以下略、続きはソースでご確認下さい)








【【悲報】あなたの預金は大丈夫? 三菱UFJとみずほ銀、ついに預金利回「0.00%」〜ATM手数料で実質マイナス金利】の続きを読む

1: 名無しの海外速報です 2017/02/06(月) 10:46:59.14 _USER
【豊洲の高層マンション住人「買わなければよかった」】
 
豊洲市場への移転延期で、業者に17カ月ぶんの補償額を支払うと、1月27日の定例会見で公表した小池百合子都知事。
いまや豊洲問題は、完全に袋小路に入り込んでいる。 

334_400_mansion00036_gaikan

それもそのはず、1月14日の豊洲市場の地下水モニタリング調査結果で、猛毒シアンが39カ所、環境基準の79倍のベンゼンが35カ所、
同3.8倍のヒ素が20カ所から検出されたからだ。
 
これに危機感を募らせたのは、タワーマンションの住民たちだった。
 
「マンション自体は快適ですが、部屋から豊洲市場が廃墟のように見えます。豊洲に未来があるのか不安です」
 また、中古マンションの口コミ掲示板にも、住民の投稿が上がっている。 
「先日の調査で、ベンゼンなどが基準値以上出ちゃいましたね。もう市場は来ないだろうし、汚染のイメージが完全に決まりましたね。ガチでここは大暴落です。買わなければよかった」
 
市場の移転で、築地の賑わいが豊洲に来るという期待で開発も進んだ。購入者にとっては、晴天の霹靂でしょう。
豊洲周辺の子供たちが塾や学校で『毒洲』と呼ばれて嫌な思いをしているとも聞きます。








【【悲報】豊洲の高層マンション住人「ガチでここは大暴落です。買わなければよかった」 学校では「毒洲」呼ばわりで嫌な思いも】の続きを読む


【安倍首相が年金私物化… 】
〜バクチに続いて今度は国民の老後資金をトランプ大統領のために差し出す

これはいくらなんでもヒドイ。10、11両日に予定されている日米首脳会談で、日本が4500億ドル(約51兆円)規模の経済協力を米国側に申し出ると報じられた。目玉となるのは米国内における最先端のインフラ投資で、ナント、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の資金が活用されることになりそうだという。

2706233662

 GPIFの高橋則広理事長は「政府からの指示で運用内容を変更することはない」と否定したが、
安倍官邸からの株式運用比率の引き上げ圧力にあっさり屈したのはどこのどいつだ。
今回も米企業がインフラ事業の資金調達のために発行した債券をGPIFが購入するなど、米国のインフラ開発を“後方支援”する具体策が検討されているようだ。


■バクチに続き国民の老後資金を私物化

 GPIFは運用方針上、最大5%(約7兆円)まで海外インフラに投資できる。現時点で約800億円にとどまっている投資額を徐々に引き上げていくことになりそうだ。
 言うまでもなく、年金資金は国民の“虎の子”の老後資金である。そんな大事な資金をまるで自分のカネのように、トランプ大統領のために差し出すなんてどうかしている。 

■16年上半期には10兆円以上の損失を計上

そもそもGPIFと政府は年金オーナーの国民の意向を無視。2014年10月に国内株式と外国株式をともに12%から25%に増やした結果、16年上半期だけで10兆円以上の損失を計上した。ハイリスク・ハイリターン投資の失敗の責任を誰も取らず、また国民の意向を無視するなんて冗談じゃない。

8a0820170203130818182

 国民にまた無断で資産構成を変えれば、年金資金に大きな穴をあけることになりかねない。

年金を危険なバクチに使ったかと思ったら、今度はトランプへの持参金代わりにしようとしている安倍首相。135兆円に上る積立金を一刻も早く国民に返して欲しい。








【【悲報】安倍首相が年金私物化…バクチに続いて今度は国民の老後資金をトランプ大統領のために献上】の続きを読む


【公的年金、米インフラに投資 首脳会談で提案へ 】

 政府が10日に米ワシントンで開く日米首脳会談で提案する経済協力の原案が1日、明らかになった。
0005-PB1-5

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が米国のインフラ事業に投資することなどを通じ、米で数十万人の雇用創出につなげる。対米投資などで米成長に貢献できる考えを伝え、トランプ政権との関係強化につなげる。

 日米で通商政策や経済協力を話し合う閣僚級協議を新たに立ち上げることも検討する。










【【悲報】完全に年金破綻だね 政府、公的年金を米インフラに投資、米国で数十万人の雇用創出へ…安倍首相「トランプ様、国民は喜んでおります」】の続きを読む
★アンテナヘッドライン★
TOP