★注目の記事★ -アンテナヘッドライン-

韓国のニュース

1 :KAIGAISOKUHO 2017/03/03(金) 21:29:15.89


韓国大使館 中国滞在の国民に注意喚起=THAAD問題

米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反対する中国で韓国に対する反発が強まっていることと関連し、
在中国韓国大使館が中国に滞在する韓国人に対し、身辺の安全に留意するよう注意を呼びかけた。

AJP20170303005800882_01_i

在中国韓国大使館は3日、ホームページに在外国民の安全に関する文章を掲示し、ロッテグループがTHAADの配備用地を提供したことなどに触れ、
韓国人の安全に関する注意の必要性が高まっている状況と伝えた。

また、「これと関連して中国内に滞在、または訪問中の国民は人が集まる場所や遊興施設などへの出入りをできる限り自粛することが望ましい」と要請した。 
さらに「中国人と接触する場合は、特定の懸案に関する不必要な論争などで摩擦が発生しないように身辺の安全に特に留意することが望ましい」と強調した。 

同問題をめぐっては、中国政府と国営メディアが市民の嫌韓感情を助長しかねない発言をしているほか、
ロッテの製品に対する不買運動や中国人が韓国製の車両を破損させる事件が発生しており、韓国人や韓国製品を対象としたデモが危険なレベルに達したとの見方も出ている。








【【悲報】韓国政府、中国滞在中の国民に対し外出自粛を要請 反韓デモが危険なレベルに達したため】の続きを読む

1 :名無しの海外速報です 2017/03/02(木) 12:25:01

▲先月26日、東京で開かれた『ノーベル・プライズ・ダイアログ東京2017』

先月26日、日本東京有楽町東京国際フォーラム・コンベンションセンター。まだ寒い中、休日の早朝から数百人が長い列をつくっていた。カジュアル姿をした大学生からネクタイを締めすっきりした老紳士まで年齢層も多様だった。この日開かれた行事は日本学術振興会(JSPS)とスウェーデン・ノーベル財団が共同主催した『ノーベル・プライズ・ダイアログ東京(NPD)2017』だ。先着順で配布された行事チケットは早目に予約が終わった。

2012年、スウェーデンで初めて開かれたこの行事はノーベル賞受賞者5〜7人を含む30人余りの世界的大学者が一日の間、大衆と交流しグローバル問題について討論を行う席だ。この日の行事には昨年、ノーベル化学賞を受賞したジャン=ピエール・ソバージュ、フランス・ストラスブール大教授、1987年ノーベル生理医学賞を受けた利根川進、日本理化学研究所脳研究所長、2006年ノーベル物理学賞受賞者のジョージ・スムートUCバークレー教授など受賞者5人をはじめグーグル、IBM、エヌビディアなど企業研究所長など各分野の大学者36人が『知能の未来』を主題に発表した。

この行事が日本で開かれたのは2015年に続き二回目だ。スウェーデンの他には唯一日本だけで開かれている。ノーベル財団は当初、ノーベル賞受賞者を25人も輩出した日本はもちろん韓国とシンガポールにも行事開催を提案した。しかし、一番最初に手をあげたのは日本だった。

日本がノーベル財団が主催する大規模行事を誘致した背景にはノーベル賞を主管するスウェーデン科学界に対する広報目的があるというのが専門家たちの分析だ。

日本学術振興会関係者は「私たちはまだ日本の科学者を知らせるのにとても不足していると感じる」と話した。今回の行事でも視覚障害者でありAI人工視覚技術を開発した浅川智恵子IBM研究所研究員など国内外で活動する若い日本科学者が大挙パネルに参加した。

日本社会も行事支援に力をあわせた。2015年、初の行事開催費用9000万円(約9億ウォン)全額、匿名の篤志家が出した。今年の行事は3M、富士通、SMBC、スカニアなど日本企業と日本で活動する多国籍企業が後援した。

2015年開かれた初の行事では明仁日王夫婦が直接晩餐を開き、ノーベル賞受賞者とノーベル財団関係者たちを励ました。明仁日王は昨年6月、日本学術振興会が開催した国際サマースクールに参加して米国や英国、ドイツ、スウェーデンなどから来た若い科学者と交流もした。この日の行事にも明仁日王のいとこの夫人である高円宮久子女史が参加して2時間以上、講演を聞き、ノーベル財団関係者たちと挨拶を交わした。

日本学術振興会は今回の行事とは別に、この日から1週間、日本ノーベル賞受賞者とアジア、アフリカの若い科学者らが会う国際行事の『HOPEミーティング』を同時に開いた。ユ・ウクチュン韓国科学技術翰林院総括副院長(KAIST名誉教授)は「科学界では今後5年間、ノーベル賞を受ける科学者が列をつくっているという話がある」として「最近3年間、日本科学者の受賞が急増したのは科学者の業績の他に、これらを後押しする日本政府と学界の支援が一役買ったのだろう」と話した。

安西祐一郎日本学術振興会会長は閉幕式で「隔年で開いた行事を来年も開く」とびっくり発表した。






【ノーベル賞 受賞者25人輩出する日本、その背景に日本王室まで乗り出した『ノーベル賞外交』と韓国メディア】の続きを読む



1 :KAIGAISOKUHO 2017/02/28(火) 08:13:16.57


ソウル市は、第98周年三一節(独立運動記念日)を迎えて、ソウル広場前のソウル図書館正面の外壁に「歴史を忘れた民族に未来はありません」という文面と慰安婦「平和の少女像」が印刷された横断幕を掲げると27日、明らかにした。

20170302144604-1

市によると、この横断幕は28日から3月19日まで掲示される。この横断幕には、慰安婦被害者が体験した歴史を記憶し、名誉と人権の回復を実現するよう願う気持ちが込められている。「平和の少女像」の横断幕の掲示は昨年に続き2回目で、生存している慰安婦被害者に対する日本の真の謝罪と賠償が行われるよう願う市民の思いを反映している。

新しく設置される横断幕には平和の少女像の横に空いた椅子5脚が描かれる。女性家族部に登録された旧日本軍「慰安婦」被害者239人中、6分の1である39人しか生存者がいない状況を意味する。

市関係者は「昨年に続いて平和の少女像を掲示することにしたのは、生存している慰安婦被害者に対する日本の真の謝罪と賠償が行われるよう願う市民の思いを込めたもの」としながら「絵の中の平和の少女像と空いた椅子5脚は、市民が被害者に寄り添い一緒になって私たちのつらい慰安婦の歴史を守ってほしいという訴えでもある」と伝えた。









【これが東京はまだ姉妹都市!? ソウル市、慰安婦像と「歴史を忘れた民族に未来はない」という文の書かれた横断幕を設置へ】の続きを読む

1 :名無しの海外速報です 2017/03/02(木) 14:44:52

中国に殴られ、米国から実益なく...「サイロ」を抜ければもう外交惨事

・サード配置で中国は禁止令・バッテリー規制など、全方位に報復
・サード、米国には「相対的プレゼント」...通貨スワップ受けてきた
・外交事案の戦略的判断せずに即興的決定一度や二度
・全省庁が心を合わせ、受ける取るべきことは最大限受け取る交渉戦略が必要


現在、韓国の対外環境は「外交惨事」とまで呼ばれた昨年下半期に似ているというのが専門家たちの概ねの見方だ。

1OD7ANKGXT_1

昨年7月、政府は、高高度ミサイル防衛システム(THAAD・サード)の配置を奇襲的に決定した。この2015年の中国戦勝節の行事でパク・クネ大統領の座を習近平国家主席の最側近に配置して信頼を送った中国は、後頭部をまともに殴られたと思って報復を開始しました。韓国芸能人の中国の放送への出演禁止と韓国産自動車のバッテリー規制強化、サード敷地を提供するロッテグループの税務調査、韓国チャーター就航禁止など、さまざまな手段を動員した。当時、中国の駐在官に長く勤務した政府内のある中国通は「中国も韓国との深い経済関係を考慮すると、断交に至る深刻な措置はしないだろう」とし、「代わりに世界貿易機関(WTO)に抵触しないように巧妙にずっと苦しめるだろう」と見通してきたが、まさに的中した。

韓国は中国に殴られたが、米国から実益を得られなかった。北朝鮮のミサイル防衛という名目で、東アジアで中国牽制という大きな「プレゼント」を米国に与えたが受け取るものはなかった。元経済省庁長官は「外交で最も悪いことは与えてから奪い取ることなのに、韓国は戦勝節に天安門楼に上がっておいてサードを配置した」と説明した。彼は「中国の報復を予想して、米国で経済部門の通貨スワップでも受けてきたら良かったのに、省庁を調整して大きな交渉の図を組まなければならない大統領府が自らの役割を果たさなかった」と述べた。






【【悲報】韓国コウモリ外交の末路 中国に殴られ、米国から実益なく…「サイロ」を抜ければもう外交惨事】の続きを読む


1 :名無しの海外速報です 2017/02/28(火) 12:50:26


▲「少女像毀損行為を中断しろ」少女像を守る釜山市民行動が13日、少女像周辺で行われる不法貼り付け行為を直ちに中断するよう促してている。

'少女像を守る釜山(プサン)市民行動'は3・1記念日に釜山日本領事館近隣の鄭撥将軍像前で'少女像を守る千の椅子'という主題で集会を開く。

最近、外交部が釜山市と東区庁に少女像移転を要求する非公開公文書を送った中、釜山市民行動は市民の力で再び少女像を守るために今回の集会を計画したと28日明らかにした。


釜山市民行動は先月から少女像周辺に建設精神を歪曲し引き降ろす宣伝物が張り出されるなど少女像き損行為も続いて東区庁にこれを撤去し管理して欲しいと要求する予定だ。

公演と発言が続く行事で最も目を引く場面は参加者全員で行うパフォーマンスだ。集会場にぎっしりと置かれた1千個の椅子に座った参席者らが少女像のように履き物を脱いで裸足でかかとを上げたまま1分間沈黙デモを行う。

釜山市民行動は撤去・移転危機に瀕した少女像を市民が守るという意志を沈黙デモで見せると話した。集会を終われば1千人余りが日本領事館をひと回り回る平和行進を行う。

釜山市民行動の3・1記念日集会は当初、警察が外国公館の業務妨害や参席者の突出行動が憂慮されるとして禁止を通知したが、裁判所が許可して開かれることになった。







【【驚愕】 3・1記念日に釜山で「少女像を守る千の椅子」行事、その後、日本領事館を回る平和行進】の続きを読む
★アンテナヘッドライン★
TOP