★注目の記事★ -アンテナヘッドライン-

世界の自動車

1: 名無しの海外速報です 2017/02/28(火) 18:51:36.16 _USER
 
 上位グレードの「パナメーラ ターボ」には4リットルのV型8気筒エンジンを搭載。
最高速度は時速306キロ、停止状態から同100キロまで3.8秒で加速する。
また、2.9リットルのV型6気筒エンジンとモーターを組み合わせた合計462馬力のハイブリッドモデル「パナメーラ4 E-Hybrid」も発表されている。


412

001_o

timthumb

003

018-20170228161857-618x412


でもお高いんでしょう? 



【ハゲでも似合う超カッコいい車 新型 ポルシェ「パナメーラ」最高速度は時速306キロ】の続きを読む

1: 名無しの海外速報です 2017/02/19(日) 21:28:19.20 _USER
ホンダ新型シビックタイプRの市販モデルがついに世界初公開 
東京オートサロン2017の会場でプロトタイプが日本初公開されて話題を呼んだホンダ新型シビックタイプRの市販モデルが、3月にスイス・ジュネーブで開催されるジュネーブ国際モーターショーで世界初公開されることがわかった。

no title


新型シビックタイプRは、新型シビックハッチバックと並行して開発が進められてきた特別なモデル。

新型シビックタイプRに搭載されるエンジンは、最新の2リッターVTECターボエンジンだ(ハッチバックは1.5リッターVTECターボエンジン)。

なお、シビックタイプRとシビックハッチバックは、2017年夏よりホンダオブザユー・ケー・マニュファクチュアリング・リミテッド(Honda of the UK Manufacturing. Ltd.HUM)
で生産が開始され、ヨーロッパや日本、米国を含む世界の各市場に輸出されることになる。
これまで公開されてきたシビックタイプRはプロトタイプモデルだったから、市販モデルの正式公開が待ち遠しい。
オートックワンでは、ジュネーブショーで公開される市販モデルの情報が入り次第お届けする。


20161101005848671s






【ホンダ新型シビックタイプRの市販モデルがついに世界初公開】の続きを読む

1: 名無しの海外速報です 2017/02/17(金) 20:57:07.55 _USER
【プリウス、中国でわずか1台しか売れず】

中国自動車市場でトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」が苦戦している。昨年12月の中国での販売台数は僅か1台にとどまった。しかも、同国でプリウスが売れたのは昨年5月以来のことで、ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)が集計したデータでは2016年の販売台数は76台と前年の約700台から激減した。

001_o

トヨタの象徴的ブランドでもあるプリウスは、1997年に日本で発売されて以降、中国以外の市場では約20年にわたり売れ行きが好調だ。中国の主要都市が深刻な大気汚染に直面する状況にもかかわらず、HVのプリウスが同国の消費者の関心を引いていない実態が浮き彫りとなった。

BIの自動車・工業セクターのアナリスト、スティーブ・マン氏はプリウスの不振について、「独自の価値を提供するプリウスは中国の消費者になじみの深いカテゴリーに当てはまらない。高い品質で定評があり、はるかに人気の高い『カローラ』や『カムリ』への需要がプリウスの販売にマイナスに働いている」と分析する。

ブルームバーグの集計データによれば、トヨタの昨年の中国でのHV販売台数は7万1676台と前年の8倍に急増、過去最高を記録した。8年連続で前年実績を上回った。このうちカローラやカムリのHVモデルの販売台数は合計約4万7000台と、HV全体の約65%を占めた。

トヨタが15年に現地生産をやめたプリウスは輸入時に25%の関税が課されるため、中国での価格は最低22万9800元(約380万円)。中国でこの金額を払えば、ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)傘下の高級車ブランド、アウディのスポーツ用多目的車(SUV)「Q3」が購入できる。

トヨタは15日、プラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスPHV」の新型車を日本で発売した。3月には同モデルを欧州市場で投入する計画だが、中国市場で発売する予定はない。しかし、同社の内山田竹志会長は同日、新型プリウスPHVの発表会見で「中国でHVの普及に最善を尽くす」と意気込んだ。

 






【【悲報】プリウス、中国でわずか1台しか売れず…2ch「環境に優しくする意味が全くない 」】の続きを読む

1: 名無しの海外速報です 2017/02/16(木) 19:37:33.30 _USER9
【ランボルギーニ、5900台余リコール】

イタリアの高級スポーツ車メーカー「ランボルギーニ」が走行中に火災発生の恐れがあるとして「アヴェンタドール」と「ヴェネーノ」の両モデルの数千台のリコール(回収・無償修理)に踏み切ったことが16日までにわかった。

lamborghini-aventador-sv_021

米高速道路交通安全局(NHTSA)のリコール情報によると、燃料を満杯にして走行した場合、燃料が排気システムに触れ、火災が生じる可能性があるという。

ランボルギーニ社は15日、世界各地で火災7件が起きたことを認めた。不具合がある箇所の修理は1~2日間で終わると説明している。同社関連の販売店は世界中で約135店。









【【悲報】イタ車は燃える ランボルギーニ、5900台余リコール 〜牛の丸焼き豪快だなwww】の続きを読む
★アンテナヘッドライン★
TOP