★注目の記事★ -アンテナヘッドライン-

世界の自動車

1: 名無しの海外速報です 2017/02/05(日) 20:39:35.47 _USER
【運転者が重過ぎて韓国車のシートが故障?】

韓国・OSENは、身長180センチ、体重136キロの巨体を持つ男性「ジョイ」と、韓国の自動車最大手・現代(ヒュンダイ)自動車との間で起こったいさかいについて報じた。


a0255367_23223672

06年型ダッジ・ダコタや07年型トヨタ・カムリと乗り継いできたジョイにトラブルが起こったのは15年のこと。現代自動車の中型セダン「ソナタ」(15年型)を購入、気に入って愛用していたある日、運転席シートが故障してしまった。

シート側面にある座席位置調整用のレバーが3回にわたって壊れ、メーカーに申し出たところ2回は無償修理してもらえたが3度目は断られたという。現代自動車は5年間・走行距離6万マイル(約9万6560キロ)を保証範囲としているが、期限を外れていないはずのジョイの事例は修理を拒否されてしまった。

理由はジョイの体重にあった。メーカーは、シートの故障は巨体のジョイが運転を続けたために起こった問題とし、運転者が一般的な体重(約45〜124キロ)であれば故障はしなかったと説明している。
 

韓国ユーザーの反応

「皆が止めるのも聞かずに、自分の車だけは大丈夫、アフターサービスもしっかりしてもらえると信じ込んで現代自動車の車を買ったジョイさんの過ちだ」

「これが現代自動車の顧客対応マニュアルそのもの」


「新年になっても現代自動車は相変わらず」


「シートは124キロまでしか耐えられませんと明記すべきだ」

「そもそもこういうお客さんに売っちゃ駄目でしょ」


「現代車は企業イメージを改善する気がまったくないみたいだね」
 

「この記事の重要ポイントはジョイの体重ではなく、トヨタ・カムリは大丈夫だったのにソナタに乗り換えて問題が起こったという点だ」

という指摘も寄せられた。







【【悲報】運転者が重過ぎて韓国車のシートが故障?メーカーが修理拒否=2ch「アクセル吹かしただけで、エンジンのピストンが飛び出すくらいの車だしなw 」】の続きを読む

1: 名無しの海外速報です 2017/02/05(日) 09:26:33.08 _USER9
 【ホンダ、9万円のバイク「NAVI」がネットで話題】

本田技研工業(ホンダ)グループがインドで販売しているミニバイク「NAVI」。発表当時インターネット上で話題になったが、日本でも輸入バイクを取り扱う店舗が販売を始め、再び注目の的になっている。

navi

NAVIは、インドのHonda Motorcycle&Scooter Indiaが2016年に出したミニバイク。

大きさは1,805×748×1,039mmで、車両重量は101kg。110ccエンジンを搭載し、最高出力は5.84 kW/7,000rpm、最大トルクは8.96N・m/5,500rpm。小さく安く、かつデザインが目を引く製品として、以前から国内でも関心は高かった。

navi_20160223_10

navi_20160223_09


バイク・ポータルサイト「GooBike」で調べると、すでに複数の販路から購入が可能になっているもようだ。車両価格は店舗によってばらつきはあるが、8万8,000円(税込、以下同じ)とか9万3,100円といった設定が目に飛び込んでくる。








【ホンダ、9万円のバイク「NAVI」がネットで話題―インド製を日本に輸入】の続きを読む

【中国の富豪のレース大会が凄い】


1: KAIGAISOKUHO 2017/01/29(日) 00:12:29.77 BE:479913954-2BP(1931)

動画
China's Largest Hypercar Track Day



no title


no title

no title

no title

no title


no title

no title


no title

no title

no title

no title

no title


19: 名無しの海外速報です 2017/01/29(日) 00:19:34.64

そうそうたるスーパーカーばかりだけど、
ジャガーがいちばんかっこよいと思わない?俺も大人になったのかな



231: 名無しの海外速報です 2017/01/29(日) 15:38:34.07

大人かどうかは知らないが
写真にジャガーは写ってないと思うぜ



107: 名無しの海外速報です 2017/01/29(日) 02:00:17.34

これもまた中国

こういう人がチャイナドリームで本物を乗れるようになって>>1の会場に足を運ぶ可能性があるんだから夢のある国だよな



【中国の富豪のレース大会が凄い 〜2000万のフェラーリで行ったら恥ずかしいだろうなw (※動画あり)】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2017/01/25(水) 22:21:45.95 ID:CAP_USER9
 

【6ヶ月以内に確実にレベル5の完全自動運転機能をリリースする】

テスラモーターズのイーロン・マスクCEOが「完全自動運転機能の登場はいつになるのだろう?」という質問ツイートに対して、「3カ月以内かもしれない。6カ月以内は確実」と答えました。早ければ2017年前半に完全自動運転カーが登場することになりそうです。

00 (1)


テスラは近い将来、ドライバーが一切操作することなく自動で運転できるレベル5の「完全自動運転」機能の搭載を明言しており、完全自動運転を見据えて、従来比40倍の性能を誇るNVIDIAのコンピューター「Drive PX 2」や、8つのカメラ、12個の超音波センサーなどに改良された「ハードウェアII」と呼ばれるハードウェアアップデートを行っており、2016年10月から生産するすべてのEVがハードウェアIIに対応していました。もちろん、旧型車のオーナーもこの新型ハードウェアにアップデートすることは可能です。

a01_m

そして、2017年1月22日にテスラはオートパイロット機能をさらに進化させた「Enhanced Autopilot(エンハンスト オートパイロット)」のソフトウェアアップデートをリリース。高速道路の乗り降りにも対応できるようになりました。

エンハンスト オートパイロットのアップデートが登場しましたが、多くの人の関心事は「完全自動運転」機能。
「完全自動運転機能の登場がいつなのか?」というツイートに対して、テスラのマスクCEOが「3カ月以内かもしれない。6カ月以内は確実」と応答。予定通り、テスラは完全自動運転機能を2017年中にリリースするようです。


テスラによると「完全自動運転の安全性は一般的な人間のドライバーの2倍以上」
「テスラに乗り込んで行き先を伝えれば、後は何もする必要はありません。何も言わなければ、カレンダーを確認して想定される目的地へ向かいます。
カレンダーに何も予定がなければご自宅へお連れします」とのこと。テスラが描く未来の実現が間近に迫る一方で、自動運転に関する法整備は追いついていない状況です。



参考動画 
Autopilot Full Self-Driving Hardware 



【テスラモーター 17年前半に完全自動運転車が登場 〜既に事故回避能力は人間を超えてる!】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2017/01/19(木) 21:12:42.49 ID:CAP_USER
 

【トヨタの新型SUV「C-HR」、発売1カ月で目標の8倍4万8000台受注】
 
 トヨタ自動車は1月19日、SUV(スポーツ多目的車)の新モデル「C-HR」について、発売から約1カ月で約4万8000台を受注したと明らかにした。
月販目標台数(6000台)の8倍に当たり、好調な立ち上がりだという。

トヨタ-C-HR


 受注の内訳はハイブリッド車が約3万7000台、ガソリンターボ車が約1万1000台。個性的なデザインや「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ」(TNGA)による走行性能、ハイブリッド車の低燃費(30.2キロ)──などが好評という。

2016-Toyota-C-HR-PLACEMENT

 受注が多く集まった結果、納期に遅れも。1月13日の時点で、それ以降の注文分の場合、ハイブリッド車は4月中旬以降、ガソリン車は4月上旬以降の出荷になると告知している。 価格はガソリンエンジン車が251万6400円(税込)から。ハイブリッド車が264万6000円(同

vehicles_images_5


 


【バカ売れ! トヨタの新型SUV「C-HR」、発売1カ月で目標の8倍4万8000台受注】の続きを読む
★アンテナヘッドライン★
TOP