★注目の記事★ -アンテナヘッドライン-

社会問題

1: 名無しの海外速報です 2017/02/19(日) 18:44:15.92 _USER9
【不安を煽って反対に誘導】

政府は、組織的犯罪集団が犯罪を実行しなくても準備段階で罪に問える「共謀罪」の趣旨を含んだ、「テロ等準備罪」を設ける法案を今の国会に提出する方針です。
犯罪の計画段階で、処罰の対象となることに対して、人権侵害や、捜査機関による乱用の恐れがあるとの指摘もあります。あなたは、この法案に賛成ですか、反対ですか?


(1) 賛成 33.9 %
(2) 反対 37.0 %
(3) わからない、答えない 29.2 %


1487506278





14: 名無しの海外速報です 2017/02/19(日) 18:47:04.11

質問おかしいだろこれ





18: 名無しの海外速報です 2017/02/19(日) 18:47:27.52

回答を誘導してるやんけ





8: 名無しの海外速報です 2017/02/19(日) 18:46:07.59

すげええええええ
誘導の見本例ww





【【驚愕】不安を煽って反対に誘導 !「テロ等準備罪(共謀罪)」に賛成33.9%、反対37%】の続きを読む

1: 名無しの海外速報です 2017/02/15(水) 06:29:02.10 _USER
【日本人が電車で高齢者に席を譲らない理由とは?】

 日本で暮らす中国人や旅行で日本を訪れる中国人が増加するなか、日本人の習慣や日本社会のマナーのなかには中国人から見ると不思議に思えるものも少なくないようで、そのうちの1つが、公共交通機関において「乗客が高齢者に席を譲らないこと」だという。

cached

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人の日本や日本人に対する共通のイメージとしては、礼儀正しいことなどが挙げられるとしながらも、電車のなかではそのイメージが崩れてしまうと伝え、日本人はなぜ高齢者に座席を譲らないのかと疑問を投げかけている。

 日本の地下鉄や電車などの公共交通機関では、高齢者が車内で立っている姿を目にするのは珍しい光景ではない、「高齢者に座席を譲らない日本人は民度が低いのではないだろうか」 

 一方、日本では電車でも地下鉄でもバスでも、車内には必ず高齢者や妊婦向けの優先席があることを伝えたうえで、多くの日本人は優先席に座ろうとはしない。座席に座りたいと考えている高齢者は優先席のほうに向かえば、優先席では誰かが席を譲ってくれる。

日本の高齢者は「アジアのほかの国と違い、高齢者扱いされることを嫌う人も多い」と指摘、若い乗客が高齢者に席を譲ろうとしても拒絶されることもあると伝えたうえで「高齢者に座席を譲らないからと言って、実は日本人は民度が低いわけではない」







【日本人が電車で高齢者に席を譲らない理由とは?=2ch「優先席で眠ったふりをしている若造が何を言うんじゃ」 】の続きを読む

1: 名無しの海外速報です 2017/02/08(水) 18:49:18.36 _USER9
【性的行為の撮影要求26.9%  モデル、アイドル契約後に】
 
 内閣府は8日、「若年層を対象とした性暴力被害等の実態把握のためのインターネット調査」の結果を公表した。

099139

 それによると、モデルやアイドルの勧誘後に契約したことがある人は7.7%。このうち、契約時に聞いていない、または同意していない「性的な行為」などの撮影を要求されたとの回答が26.9%に上った。

 契約後に要求を受けた人に、具体的な要求内容を複数回答で尋ねたところ、「水着や露出度の高い衣服を着用した状態での撮影」が58.5%で最多。以下、「水着などの一部または全てを脱いだ状態での撮影」35.8%、「性行為の様子の撮影」22.6%、「胸や性器を触られる様子の撮影」20.8%の順となった。








【股も開けないなら辞めちまいな ! 清水富美加もモデル出身 強要が原因で辞めちゃったのね 〜性的行為の撮影要求26.9% モデル、アイドル契約後に】の続きを読む

1: 名無しの海外速報です 2017/02/12(日) 17:45:06.39 _USER
【コンビニの支払いでバレてしまう「人としての器量」】
 
「いい人の代表は、いわゆる<ガテン系>の皆さんです…
「悪い人」の代表は、ダークスーツ系の中堅サラリーマン


img_7

 私「じゃあ、悪い人は?」

 
 経営者「決めつけるわけじゃないですが、大ざっぱに言うとですよ。おおむね、ネクタイを締めた、ダークスーツ系の中堅サラリーマン、
ですねえ。例外は、いっぱいあります、ありますよ。でもね、苦手だなあと感じる人の大半が、ネクタイでダークスーツの中堅サラリーマンだとは言えます」
 
 私「例えば?」

 
 経営者「声を全く出さない。イヤホン、ヘッドホンも多いですね。いらっしゃいませ、とかありがとうございますとかお声がけすると、視線を下から上にスッと動かすだけ。それだけならいいんですがね」

 
 私「何か不都合が?」

 
 経営者「例えば最近は電子マネーで支払う方がいるでしょう? あれ厳密に言うと、スイカなんかの交通系とワオンみたいな流通系だと決済が違うんです
<スイカですか?>とか尋ねても無視。分厚い財布を、ドカンと、レジの読み取り版に無言で押し付ける。たまにうまく作動しないこともあるんです。その時<チェッ>と、舌打ちするんです。これが続くと我々でもめげますねえ」
 
 私「でも声を上げて、クレームつけられるわけじゃないから受忍限度じゃない?」

 
 経営者「いきなり声を上げる方もいるんです。例えば、お釣りとともにレシートを渡す、これが原則。<お釣りとレシートです!>と
言うんですが、無言で手や眉の動きで<要らない>を表現する人が多い。レジのベテランになると、そういう<ちょっとしたしぐさ>で<要る・要らない>の判断がつくようになるんですが、ごくたまにミスを犯すと、えらいことになる……」

事故の起きる様子はこんな感じだという。

 
レジ係「お釣りが~でございます、ありがとうございます!」

 
客「レシート?!」

 
レジ係「あ、失礼いたしました、申し訳ございません!!」

 
平謝りでお渡しすると、なんと客が目の前でそのレシートをひねり潰して放り投げ、声を荒らげたのだそうだ。

 
客「要る要らないは、お前が決めるんじゃない! 判断するのは俺だあ!!」

 
「キレる客」は珍しくないらしい。
コンビニでは切手も扱っている。82円1枚だけだって大事なお客様だから丁重に接客する。 「ここに、貼ってくんない?」と言われればスポンジで指を濡らしてお貼りする。キチンと貼ったから喜んでもらえると思ったら、激怒された!
 
「おい、ちょっと傾いてないか? ほら! こんなんじゃ大事な取引先に出せないんだよ。貼り直せ!!! 俺は、お前たちのそういういいかげんな態度が許せないんだよ!!!!」


 改めて断っておくが、「キレるみなさん」は見た目も普通。キチンとネクタイを締めた30代から40代の、中堅サラリーマン、なのだそうだ。


経営者「レジをやっていて思うんですが、お金を払う場面には、人格が現れやすいのではないでしょうか?昔から『金離れがいい』とは『使いっぷりが見事』とか『金にきれい』とか、人柄を表現する時にお金が登場しますよね。うちで働いているバイトにも、しっかり勉強する将来有望な子がいるんです。彼ら、彼女たちはしっかり見ていますよ、レジでの振る舞いや人柄を。『将来ああいう人にはなりたくない』『ああいう人とは付き合いたくない』、そんなふうに話すのを聞くこともあります」

「どうせ、こんな、たかがコンビニ」などと思って“本性”を表したら、数年後、コンビニでレジ係をしていた若い人が、
大事な取引先にいた! なんてことがないとも言い切れない。








【想像できる? コンビニの支払いでバレてしまう「人としての器量」 〜面倒な客が増えてるのは確かなんだよな】の続きを読む

1: 名無しの海外速報です 2017/02/11(土) 07:41:46.10 _USER9
【結婚願望はあったのに…結局“未婚でいる理由”1位は?】

1月からドラマ放送が始まり、話題の『東京タラレバ娘』。同作は、「あの時、ああだっタラ…」「もっと、こうしてレバ…」と言いながら、幸せを追い求めるアラサー女性たちのストーリーだが、後悔しているのは女性だけではないはず。独身男性の中にも、「ああしてタラ今ごろ結婚してたのに…」と後悔している人もいるのでは? 

4323322

そこで、「結婚願望を持ったことがある」という36~44歳の未婚男性71人を対象にアンケートを実施。

20~30代前半の自分を振り返って、「結婚願望があったのにいまだ独身の理由」として当てはまるものを答えてもらった。 

〈結婚願望があったのに結婚に至らなかった理由TOP10〉
(全14項目の中から思い当たるものの1~3位を選択。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計)

1位 収入が低すぎた 98pt
2位 出会いに消極的すぎた 91pt
3位 仕事が忙しすぎた 36pt
4位 人と暮らすには自分が狭量すぎた 33pt
4位 結婚について考えなさすぎた 33pt
6位 趣味に没頭しすぎた 23pt
7位 結婚相手の条件を高望みしすぎた 22pt
8位 結婚に至らない恋愛に時間を費やしすぎた 16pt
9位 体調が悪かった 14pt
10位 友達と遊んでばかりいた 11pt

トップは【収入が低すぎた】

25~34歳の独身男性の29.1%が「結婚資金が足りない」と回答していることからも、先立つ物がなく婚期を逃す男性は少なくない模様。

また、自然な出会いに身を任せていたらいつのまにか婚期を逃していた…という【出会いに消極的すぎた】も2位にランクイン。
結婚したければ、ある程度の努力は必要なのかもしれない。では、結婚するチャンスを逃した独身男性たちは、一体どんなことを努力すればよかったと後悔しているのか? 
「あの時、こうしてレバ…」と後悔することについて聞いてみた。

【1位 収入が低すぎた】
「正規の職に就いてもっとお金があったらと思う」(36歳)
「お金を貯めていればよかった」(37歳)
「もっと仕事を頑張って、高い給料をもらえる仕事に転職するべきだった」(37歳)
「株式投資をしとけば良かった」(39歳)
「もっと人生プランをしっかりと組み立てていればよかったと後悔している」(41歳)
「若いうちに転職していれば良かった」(44歳)

【2位 出会いに消極的すぎた】
「アタックすれば良かった」(36歳)
「彼女探しにもう少し一生懸命になるべきだった」(41歳)
「20代のころ、気持ちに任せて結婚していればよかった」(41歳)
「積極的に自らいろいろな人たちと交流できるような場所に足を運ぶべきだった」(44歳)

【3位 仕事が忙しすぎた】
「自分は30歳前後に起業をした時点で結婚を諦めたが、今思うと結婚願望を捨てる必要はなかったかもしれない」(37歳)
「もっと出会いのきっかけをもっておけばよかった」(38歳)
「もう少し時間を作れば良かった」(39歳)








【【悲報】結婚願望はあったのに…結局“未婚でいる理由”1位は?】の続きを読む
★アンテナヘッドライン★
TOP