海外速報|2chまとめサイト

世界中の厳選ニュース・話題の記事まとめ

★注目の記事★ -アンテナヘッドライン-

世界のグルメ


【誤りでミシュランの星獲得】

フランス中部にある値段が安くてにぎやかなレストラン「ブーシュ・ア・オレイユ(Bouche a Oreille)」では、このところウェイターたちが大忙しで客の対応に追われている
──レストラン格付け本「ミシュランガイド(Michelin Guide)」で「誤って」一つ星を獲得してしまったからだ。


6fc577ec

17日の仏大衆紙パリジャン(Le Parisien)によると、仏語で「口コミ」を表す店名を冠したバー&レストラン「ブーシュ・ア・オレイユ」を経営するベロニク・ジャケ(Veronique Jacquet)さんは同紙の取材に対し、
客が「殺到している」が「うちの店は広くないし、ウェーターも4人しかいない」と話した。

「ベロ」の愛称で親しまれるジャケさんの店は、赤と白の水玉模様のクロスがかかったテーブルで、常連客が一皿12.50ユーロ(約1500円)の「ブルゴーニュ風牛肉の煮込み」を平らげるようなカジュアルな店だ。

しかし、先週発表された2017年フランス版「ミシュランガイド」のウェブサイト版では、同名の別の店と誤ってジャケさんの店が掲載され、訂正されるまでに1週間近くかかった。
ガイドの編集部は両店、さらに読者を混乱させたことに対し謝罪している。誤りがあったのはウェブサイト版だけで、伝統を誇る書籍版や、モバイル版では問題はなかったという。








【【悲報】大衆食堂に嫌がらせw 誤りでミシュランの星獲得、客殺到の仏レストラン 〜客が激増して嬉しい悲鳴か?】の続きを読む

1: 名無しの海外速報です 2017/02/14(火) 06:20:50.68 _USER9
【「鳥貴族」がワタミをついに追い抜いた理由とは?】

「居酒屋不況」と呼ばれて久しい。日本フードサービス協会が今年1月25日に発表した2016年の外食市場は、全体の年間売上高が前年比2.8%増と2年連続で前年を上回った一方、「パブレストラン/居酒屋」に限れば前年比7.2%減と8年連続でマイナスとなった。

faeb856e163576

少子高齢化、人口減、若者のアルコール離れ、飲酒運転の厳罰化、ファミレスやファストフードで広がる「ちょい飲み」、貧困層の拡大――。
マイナス材料には事欠かない。
国内の居酒屋はそもそも「店舗数が2~3割は過剰」だといわれている。プレーヤーの入れ替わりも激しく、近年は主要な居酒屋大手も本業における業績拡大には苦戦ぎみだ。
ところが、それとは逆行するように着実な右肩上がりの成長を続けている居酒屋チェーンがある。大阪に本社を置く「鳥貴族」である。

この5年間で売上高は約3倍、営業利益は10倍以上に伸びている。
展開するのはメニュー全品が280円均一(以後、価格は税抜きで記載)の焼き鳥店「鳥貴族」。
主要駅の繁華街で黄色と赤色の看板を目にしたことのある人も多いだろう。異例の成長を続けられるワケはいったい何か。

それは低価格ながら「国産食材100%」など高品質で特徴のあるメニューを取りそろえ、業界他社の追随を許さないビジネスモデルを構築したことだ。
鳥貴族は「ファミレス業界におけるサイゼリヤ」の立ち位置を居酒屋業界で実現しようとしている。
 
■鳥貴族の店舗数がワタミを上回る

2016年11月。鳥貴族は東京・自由が丘に「鳥貴族自由が丘北口店」をオープンした。
鳥貴族は社長の大倉忠司(57)が1985年に個人創業、1986年に法人を設立した。「自由が丘北口店」は法人設立以来、30年目の大きな節目となった。
首都圏、関西圏、東海圏で直営と「TCC鳥貴族カムレード(同志)チェーン」と呼ぶフランチャイズチェーン(FC)を合わせて500店に到達したからだ。

鳥貴族の500店舗到達と対照的なのが、かつて居酒屋界で隆盛を誇ったワタミとの対比である。
ワタミはここ2~3年で180店舗以上の居酒屋を閉店し、2016年9月期の店舗数は484まで減った。
つまり、鳥貴族の500店達成は、鳥貴族の店舗数があのワタミを上回った象徴的な出来事でもあるのだ。


 





【関ジャニ大倉の実家だった!「鳥貴族」がワタミをついに追い抜いた理由とは?】の続きを読む


マクドナルドの肉の正体が明らかに


「イギリスの有名シェフが、マクドナルドを相手取った裁判で勝訴し、『肉』の正体が判明した」というニュースがSNSで話題になっている。


140516_mega




インターネット上で拡散されている記事には、イギリスの有名シェフが、マクドナルドを相手取って裁判を起こして勝訴。
その裁判で、マクドナルドのハンバーガーに使われている「肉」の正体が判明したと書かれている。

マクドナルドの『肉』の正体について、こう断言している。

「本物の肉の代わりに、食用肉から出たくず肉、腱、脂肪、結合組織を混ぜたものから成るペースト状の生地と、アンモニアから作られたものを使用していたことが証明されました」

wpid-b46bfc6f

しかし、記事には、裁判の申し立て内容や判決日、どこで裁判をしたのかなど詳細については、全く書かれていない。
裁判で「証明」された「肉」がどこに流通しているのかも書かれていない。

不明確な情報が含まれてる記事だが、大きく拡散している。

「マックこわい」「安さには原因がある」「これが本当ならマック行けない」などと、マクドナルドに対して否定的な反応が出ている。日本で報道されないため、「報道規制がされたのではないか」との憶測も広がった。

過去に肉の品質を問われた米マクドナルド  

当時、アメリカの法律では禁止されていなかったため、米マクドナルドでも、こうした加工肉が使用されていた。
テレビ番組の反響を受け、米マクドナルドは2011年にアンモニアで消毒した牛肉を、翌年には、この加工肉の使用を取りやめると発表した。





【ミミズは粘着剤!? マクドナルドの肉の正体が明らかになる 〜「アンモニアで消毒した牛肉」使用を取りやめると発表】の続きを読む

【関西人は「ポン酢好き」?】

関西人が大好きなポン酢について紹介されました。 昔から「東京は味付け文化」「大阪は食材の味を生かして味を補う文化」と言われているとおり、 鍋文化でも東京は味をつけて煮込む「寄せ鍋」、関西は昆布でだしを取った「水炊き」が主流で、「水炊き」のお供としてポン酢が良く使われてきました。

60af31941983059




関西では料理や好みに応じてポン酢を使い分けるのが一般的で、 関西の店舗には昔から常に25〜30種類のポン酢をそろえるようにしているとのことです。

京都西陣 創業170年の老舗でMyポン酢が作れる!

 自分好みのMyポン酢が作れるのは、京都市上京区にある「孝太郎の酢」さん。 創業以来変わらぬ製法で作られる酢は、厳しい京都人の舌をうならせています。

ポン酢作りは、じっくり熟成させたお酢と上質な一番出汁を調合したものをベースに、 ゆずやすだち、だいだいなどの香り豊かな果汁を加えながら、好みの味の一瓶(360ml)に仕上げます。

20130518201955ba5

だしと果汁の割合がとても難しく、少しの分量で味が変わってしまうとのことです。 完成したその場で瓶詰めし、オリジナルラベルを貼って完成です。 オリジナルのレシピはお店で保存してもらえるので、いつでも同じ味を調合することが出来ます。

e1b9

もっともっとおいしいポン酢を追求したい方、ぜひ一度訪れて自分好みの味を作ってみてはいかがでしょうか。


https://news.biglobe.ne.jp/trend/0130/jtn_170130_2079165496.html
【関西人は「ポン酢好き」? 〜東京のポン酢を出さない鍋屋が糞ムカつく】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2017/01/27(金) 13:14:30.07 _USER9
 

【バカ高くても1位のハーゲンダッツ、米国では低価格商品?】

 日本では高級アイスクリームの代名詞的存在となっている「ハーゲンダッツ」。

1920年代、ポーランドからのアシュケナジム・ユダヤ人移民者が米ニューヨークでアイスクリームの行商を始めたのが起源というブランドだ。
61年、レシピに卵黄を加えて乳脂肪分を17%にまで上げる変更をし、ハーゲンダッツの社名にした。


3fraver


日本には84年に上陸。東京都港区青山に1号店をオープンさせ、長い行列ができたことが当時のニュースに取り上げられた。
最盛期の94年には全国95店舗まで展開していたが、現在は店舗経営を行っていない。
それでも、コンビニエンスストアやスーパーマーケットのアイスコーナーで、一際強い存在感を放っている。

そんなハーゲンダッツの価格を見てみると、ミニカップサイズ(110ml)のメーカー希望小売価格は272円(税抜、以下同)となっている。
コンビニなどに広く置かれている明治の代表的なラクトアイス「エッセルスーパーカップ(200ml)」が130円であることを考えると、かなり割高感を覚える。

高級アイスクリームとして認知されているハーゲンダッツだが、実はアメリカでは473mlサイズが約4ドル(約460円)で販売されており、
大衆向けの低価格アイスクリームとして親しまれているのである。日本で同サイズは765円だ。

097feaa69e7079b2a326465903dc567c-400x300

日本人の味覚に合わせ日本オリジナルのアイスに

そこで今回、ハーゲンダッツジャパンの広報担当者に、「日本での戦略」について話を聞いた。

「当社は、日本でのビジネスのみを行っており、価格に対しても原材料費や物流費など、かかるコストをベースに、お客様の受容性も勘案して価格設定させていただいております。
また、ハーゲンダッツの工場は世界にアメリカ、フランス、日本の3カ国のみなのですが、現在日本で販売している商品は、日本国内で製造、日本国内のみで販売となっています」(ハーゲンダッツジャパン広報担当者)

日本で販売されているハーゲンダッツは、日本で暮らす人々の味覚に合わせて製造、販売されており、価格もそれに見合った額に設定されているということだ。

「アイスクリームの主原料となるミルクは、味を決める重要な原料であり、日本のハーゲンダッツでは北海道の根釧地区のミルクを使用しています。
また、風味を決める副原料につきましても、ハーゲンダッツアイスクリームになったときの味のバランス、香り、食感を優先して、世界各国から厳選したものを使用しています」(同)

続きはソースで 

140: 名無しの海外速報です 2017/01/27(金) 13:31:48.25

アメリカで130円のものが大きさ半分になって値段倍以上ってなめすぎやろ!



70: 名無しの海外速報です 2017/01/27(金) 13:26:03.06

日本   110ml 270円
アメリカ 1890ml 7ドル(約770円)
no title




166: 名無しの海外速報です 2017/01/27(金) 13:34:21.93

その中国よりも高いのが韓国



【バカ高い!ハーゲンダッツ、米国では低価格商品?】の続きを読む
★アンテナヘッドライン★
TOP