海外速報|2chまとめサイト

世界中の厳選ニュース・話題の記事まとめ

★注目の記事★ -アンテナヘッドライン-

海外カルチャー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1: KAIGAISOKUHO 2017/01/13(金) 07:25:50.00 ID:CAP_USER9
 

【「ノーパンで地下鉄」イベント 日本でも定着なるか?】

ズボンを穿かずに地下鉄に乗るというイベント「No Pants Subway Ride」が1月8日、世界中で開催された。毎年恒例になっているこのイベントだが、日本ではまったく盛り上がっていない。

w-york-city


2002年にニューヨークで誕生したというこのイベント。
その趣旨は、ズボンやスカートを穿かず、パンツ丸出しの状態で地下鉄に乗るだけというもので、何か特別な目的があるわけではないという。
また、コートや帽子などは着用OK。パンツ丸出しということ以外は、通常通りに行動するのが決まりだ。

no title

「Improv Everywhere」という、ニューヨークを拠点に活動しているコメディー集団7人で始まったという「No Pants Subway Ride」だが、いつしか世界中に拡散。
今年は世界の60都市以上で開催されたという。

このイベントに対して日本のツイッターでは、

「ノーパンツサブウェイ昨日だったのか。くっそ寒いのによくやるよ…」
「なんかの抗議でもなく意図があるのか?ただの変態じゃねーか」

などと、かなり冷ややかな反応が多い。

そんななか、日本で「No Pants Subway Ride」を実行していたのが“ノーパンツサブウェイ東京支部・支部長”を自称するお笑い芸人の「ぶらっくさむらい」。
ぶらっくさむらいは1月8日、同じ事務所のピン芸人「ホイップ坊や」とともに、パンツ丸出しで地下鉄に乗車。
その様子をブログやツイッターで紹介したのだ。しかしブログを見ると、パンツ一丁になっているのは、ぶらっくさむらいとホイップ坊やの2人のみのよう。賛同者を見つけることは難しかったようだ。  


「ハロウィーンの仮装」も、最初は冷ややかに見る人もいたが今ではすっかり定着した。 しかし、「パンツ丸出しで地下鉄を乗る」という行為は、少々ハードルが高いのかもしれない。

【(※画像)「ノーパンで地下鉄」イベント 世界の60都市 日本でも定着なるか?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1: KAIGAISOKUHO 2017/01/11(水) 13:47:22.11 ID:CAP_USER9
 

【無修正のアダルトビデオを制作、海外の動画配信サイトで配信】
 
 無修正のアダルトビデオを制作し、海外の動画配信サイト(カリビアンコム)で配信していたとして、制作会社社長の女ら6人が逮捕された。

caribbeancom


 わいせつ電磁的記録等送信頒布の疑いで逮捕されたのは、アダルトビデオ制作会社「ピエロ」の社長で台湾出身の陳美娟容疑者(67)ら6人。警視庁によると陳容疑者らは、去年8月頃、会社で制作した無修正のアダルトビデオを海外の動画配信サイトを利用して配信した疑いが持たれている。

98342

 調べに対し、1人は容疑を認めているが、陳容疑者を含む5人は「わいせつな動画配信はやっていない」などと容疑を否認しているという。

 警視庁は陳容疑者らが年間300本くらいの動画を制作し、9年間で約14億円を売り上げていたとみて調べている。

87321

8392

 

【モザイクなんて世界の恥! 無修正のアダルトビデオを制作、海外の動画配信サイトで配信 女社長ら6人逮捕 〜2ch「DMMまで手は伸びるのか? 」(※画像あり)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1: KAIGAISOKUHO 2016/12/25(日) 20:51:33.54 ID:CAP_USER
 

【ジャッキー・チェン、命懸けアクション語る】

ジャッキー・チェン(成龍)が過去の「命懸けアクション」について、「同じことをしたら、みんな氏んでしまう」と語っている。網易が伝えた。

90974f614cb704a29facf6491a6d793a


ジャッキー・チェンの最新主演作で、“コメディー抗日映画”として話題の「鉄道飛虎」が中国で公開中だ。


上映初日の23日、映画のロケ地となった遼寧省で七つの映画館を回って舞台挨拶を行ったジャッキー・チェンが、インタビューに答えた。

no title

猛スピードで疾走する機関車にへばりついたり、橋を爆破したりと、ジャッキー映画らしく刺激的なシーンが続くこの作品。

撮影は氷点下20度にもなる極寒の中で行われ、ジャッキーによると手の感覚がなくなるほど凍りつき、出演者一同が大変な苦労を強いられた。しかしその苦労も、「お客さんが喜んでくれるので、やりがいがあった」と、上映後は大きな喜びに変わったことを語っている。

_V169078166_

すでに60代に突入したジャッキーだけに、若い頃の「命懸けアクション」は体力的に無理があるため、「鉄道飛虎」では一部でCGを使っている。

かつて観客を熱狂させた危険きわまるアクションシーンについては、「ビルや飛行機から飛び降りたりしたけど、今の若い人は僕のようにバカじゃないので、あんなことはやらない。もし本当にやったら、みんな氏んでしまうだろう」と笑顔で語っている。



119: 名無しの海外速報です 2016/12/25(日) 23:36:29.20 ID:GwPGg06M

>「ビルや飛行機から飛び降りたりしたけど、今の若い人は僕のようにバカじゃないので、あんなことはやらない。

その今の若い人↓






151: 名無しの海外速報です 2016/12/29(木) 01:47:52.98 ID:mQSQ8X4K

ちょっとずつ老害臭くなってきたな



9: 名無しの海外速報です 2016/12/25(日) 21:00:59.43 ID:82V6nPIP

今やったらネットで叩かれそうだけど
酔拳やら木人拳を、ゴールデンタイムにやってくれないかな。
画像汚すぎて、もう厳しいかw



【世界中が憧れた!!ジャッキー・チェン、命懸けアクション語る「今の若い人は僕のようにバカじゃない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1: KAIGAISOKUHO 2017/01/09(月) 14:27:59.35 ID:CAP_USER
 

【井筒監督×マツコ・デラックス 「ドアホちゃうか、ニッポン!」スペシャル対談】

マツコ アタシ、ゴジラも観てないからね。

でも「君の名は。」で思ったけどさ、日本人ってホントにアニメが大好きになっちゃったわよね。

井筒 あんなオタクのー動画を、1000万人が観るようになったら、オレは終わりやと思うけどね。。

img_c44b10a3124f43ab9effab1b935ae0d41025168

マツコ 確かに言えてる。
アニメって、ヘンタイさんが後ろ指さされたり、白い目で見られながらも、コツコツと築いてきた特殊な文化じゃない。
でも、これだけメジャーになっちゃうと、いつか破綻するよね。
テレビや雑誌と同じ。
ほとんどのものがデータで作られるようになって、中庸を目指し始めて、最後にはオタクどころか、一般大衆すらボッキしなくなって「つまらない」で片づけられちゃうものだらけになると思う。
そもそも、アニメは日本の誇るカルチャーだとか言って国が動き始めた時点で終わりだけどね(笑)。
3803

井筒 これは大島渚監督の受け売りやけど、「敗者は映像を持たない」って言葉があるんよ。つまり、原爆の映像も全てアメリカ側の映像で、負けた日本側の撮った映像は何も残ってないというわけよ。

マツコ なるほど~!

井筒 オレはそれがずっと続いてると思うね。全て勝者の国のマネ。
アニメの顔を見たら、そこに日本人の顔は一人もいないやろ。


【【悲報】井筒監督「君の名は。みたいなオタクのオナニー動画を1000万人も見るようになった終わり」www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1: KAIGAISOKUHO 2017/01/08(日) 21:52:21.79 ID:CAP_USER9
 

【夜だけ開く文具店 SNSで評判、海外客も 千葉・市川市の「ぷんぷく堂」】

 日が沈み、帰路を急ぐ人が増える頃、千葉県市川市の閑静な住宅街にたたずむ「ぷんぷく堂」の軒先に開店を告げる赤い提灯がともる。

 副業で営む同店は、夕方5時から開店する文具店としては異色の存在。ユニークなのは営業時間だけでなく「自ら目利きして、ときめいた文具のみ」という品ぞろえも独特だ。

 こじんまりとした店内に入ると、まず目に飛び込むのは、廃業した文具店から譲り受けたという年代物の筆陳列棚。中には昭和20~40年代に製造されたレトロなデザインの鉛筆がずらり。店を開業する前、ネットオークションなどを通じて趣味で集めた。未使用のまま大切に保管していたが、「誰かに使ってもらいたい」と、1本80円で売り始めた。「子連れで来たお母さんやお父さんの思い出の扉が開いて、親の方が夢中で見ている」とうれしそうに話す。

42a5cbbe33162799422d5fd9957d2cf1ada1a684

 2012年4月に開業後、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などの口コミで広まり「地元よりも、遠方から来るお客さんが多い」。国内にとどまらず、日本製品へのあこがれが強い台湾など海外からも訪れる。

 「これは職人さんの手作りで」-。客が手に取った商品について、時折説明を添える。「ストーリーを知ることで、文具のぬくもりが伝わる」と考えているからだ。


 
自身が思う「こんなものがあったらいいな」を形にした「オリジナル文具」の制作販売も手掛け、通販サイトなどで販路を拡大中。耐久性にすぐれた書類袋「過保護袋」や、万年筆でも裏抜けしないと評判の「競馬新聞の紙で作ったレポート用紙」など、客の心をつかむネーミングにもこだわりが見える。

【夜だけ開く文具店 SNSで評判、海外客も 千葉・市川市の「ぷんぷく堂」=2ch「なんだかワクワクするなw」】の続きを読む
★アンテナヘッドライン★
TOP