★注目の記事★ -アンテナヘッドライン-

世界のニュース

1: 名無しの海外速報です 2017/03/05(日) 10:43:10.74 _USER

フィリピンで韓国人男性9人が性売買容疑で逮捕


no title

no title


海外速報 管理人のコメント

世界各国で性欲の強さを見せつける韓国人。
さすがに逮捕されて恥の概念があるのか俯いて写真に撮られないようにしている。
結局慰安婦もこれと同じだろ!!
 

 
【性欲旺盛! フィリピンで韓国人男性9人が性売買容疑で逮捕=2ch「朝鮮人慰安婦の雇い主も客も朝鮮人だったw」】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2017/03/03(金) 19:08:40.85 _USER9

トランプ政権が北朝鮮による核の脅威を排除するための手段として武力行使の可能性について検討作業に着手したことが1日、The Wall Street Journalの報道で明らかとなった。
米国政府の東アジア政策はこれまでは軍事バランスの維持に重点を置くものとなってきただけに、トランプ政権が仮に北朝鮮による核の脅威を排除するために武力行使を選択した場合、米国政府の東アジア政策は抜本的な変容を迫られることとなる。


ro-000-13-view

北朝鮮は国連による反対決議にも関わらず、核実験やその運搬手段となる弾道ミサイルの実験を強硬している。
また、先月には、北朝鮮の最高指導者となるの金正恩氏の異母兄弟をマレーシアで暗殺するなど、東アジア地域の平和維持の大きな脅威となっている。

トランプ大統領は先月、米国を訪問した日本の安倍首相と首脳会談を実施したが、この日米首脳会談の席上において、トランプ大統領から安倍首相に対して、北朝鮮に対する武力行使の可能性の打診が行われ、日本側からは「懸念」が伝えられた模様となる。
トランプ政権が北朝鮮に対してどのような武力行為を行うことを検討しているかについては明らかにはなっていないが、米国は潜在的脅威に対して武力行使を行う場合には、脅威のリスクを査定し、リスク上位の目標に対して精密誘導爆弾などで空爆を行うことをしてきた。

同様な手段が北朝鮮に対して行われると仮定した場合、最高指導者個人、核開発拠点、弾道ミサイルサイロなどが真っ先に狙われることとなる。



jdskajdla



【ターゲットは金正恩 米国のトランプ政権、北朝鮮に対する武力行使の検討作業入り…】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2017/03/03(金) 11:26:55.11 _USER

ゴキブリから作られた粉でパンを作る研究が成功


nwCtt


良いね!
餓死するようであればお前ら絶対食わない選択肢は無いだろうよwww

http://www.narinari.com/Nd/20170342590.html
【【驚愕】ゴキブリから作られた粉でパンを作る研究が成功】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2017/03/02(木) 17:10:55.27 _USER9


LYNXMPED210A7_RTROPTP_3_NORTHKOREA-MALAYSIA-KIM-thumb-720xauto

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、
マレーシアのアパンディ司法長官は2日、内外メディアに対し、事件に関与した疑いで逮捕された北朝鮮国籍のリ・ジョンチョル容疑者(46)を「証拠不十分」で3日に釈放し、北朝鮮に強制送還する方針を明らかにした。


マレーシア警察は事件発生から4日後の2月17日、クアラルンプール市内でリ容疑者を逮捕。
マレーシア国内の情報収集など現地調整役だったとの見方が出る一方、「私は暗殺には参加していない」と事件への関与を全面否認していると伝えられていた。

 アパンディ氏は起訴見送りの理由を説明していない。マレーシアの中国語紙・中国報は先に、現場のクアラルンプール国際空港の監視カメラの映像では、
事件発生時にリ容疑者の姿が確認されていないなど、関与を裏付ける証拠はないと報じていた。
 






【【悲報】金正男殺害事件、北朝鮮籍容疑者を釈放し送還!→ 送還先でどうなるかは想像できるね 】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2017/03/01(水) 14:49:47.77 _USER9



 
北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長(34)の異母兄、金正男(ジョンナム)氏(45)殺害事件で、正恩氏が「(正男氏が住む)マカオでは殺すな」と指示していたとの見方を北朝鮮情報筋が読売新聞に語った。

000-11-view

 正男氏を保護下に置く中国を刺激しないためだという。犯行グループがマレーシアでの殺害を計画したのも、中国を意識したためだった可能性がある。

 別の中朝関係筋は本紙に「正男氏が中国にいれば殺害されることはなかった」と述べ、中国政府が、中国やマカオで正男氏を警備していたことを認めている。情報筋は「正男氏は、ものものしい警護が性格に合わず、いつも要らないと言っていた。北朝鮮の現状を憂えてはいたが、本人は政治にかかわる気はなかった」と話した。










【【衝撃事実】金正恩「正男をマカオでは殺すな」〜これが事実ならマレーシア激おこだぞw】の続きを読む
★アンテナヘッドライン★
TOP