★注目の記事★ -アンテナヘッドライン-

世界のニュース

1: 名無しの海外速報です 2017/02/15(水) 01:38:58.68 _USER9
【コンドームのいらない「男性用避妊法」】

精管にジェルを注入するタイプの新しい男性用避妊薬「ヴェイサルジェル」が、サルでの実験で効果を認められた。この技術を人へ応用する臨床試験の準備も進められている。

2ch_condom09

コンドーム不要の男性向け避妊法が、アカゲザルを使った試験にパスし、実現に一歩近づいた。

米カリフォルニア国立霊長類研究センターは、16匹のアカゲザルを使って、ジェル状男性用避妊薬「ヴェイサルジェル」(Vasalgel)の試験を行った。

ヴェイサルジェルは、睾丸につながる精管に注入される。注入後にヒドロゲルが形成され、精子を通過させないためのバリアができる。ジェルは最終的に体内に吸収される。









【あっ、いくぅ〜! 生中出し コンドームのいらない「男性用避妊法」いよいよ実現 =2ch「相手が男性の場合でも有効ですか?」】の続きを読む

1: 名無しの海外速報です 2017/02/15(水) 19:42:23.11 _USER
【米利上げ仮に3回なら新興国経済にリスク】

麻生太郎副総理兼財務相は15日午後の衆院財務金融委員会に出席し、米FRB(連邦準備理事制度)が仮に今年3回利上げすれば「資本流出で新興国経済にリスク。アジアの国などきついことになる」と指摘した。

c5b54a2361120e5d0147ec546f3886291

中国経済について「ダメになるのは分かっている。いつ、どうダメになるのかが問題」とした。

木内孝胤議員(民進)への答弁









【あ、言っちゃった!麻生財務相「中国経済がダメになるのは分かっている。いつ、どうダメになるのかが問題」】の続きを読む

1: 名無しの海外速報です 2017/02/15(水) 13:20:24.10 _USER9
まもなく米軍の特殊部隊が北朝鮮に攻め込むとの情報
“晴れ舞台”への挑発を、トランプ大統領は絶対に許さない。北朝鮮が日米首脳会談に合わせて新型の戦略弾道ミサイル「北極星2号」を発射。さらに金正恩の異母兄にあたる金正男が暗殺された。完全に狂った暴走をエスカレートさせている金正恩に米国はどうでるのか。まもなく米軍の特殊部隊が北朝鮮に攻め込むという情報が流れている。

2c3ac222017021412561649

北極星2号は朝鮮半島北西部から日本海に向けて発射された。このミサイルが日米韓への脅威になっているのには理由がある。従来の液体燃料ではなく、固体燃料を使った新型だからだ。

「これまでの液体燃料エンジンはミサイルを格納庫から移動させ、1時間ほどかけて燃料を入れて撃つ方式で、発射までに時間がかかりました。その間に米軍は軍事衛星や偵察機で捕捉し、攻撃もできます。ところが固体燃料エンジンはあらかじめミサイルに燃料を入れて移動し、発射ボタンを押すだけ。10~20分で発射できるのです。米軍が空から破壊できない可能性が高まりました」

「北極星2号」の飛行距離は500キロだったが、新型中距離ミサイル「ムスダン」(射程2500~4000キロ)を改良したものとみられている。米国の準州であるグアムも射程に入る計算だ。

黒井氏によると、北朝鮮ではミサイル開発チームが複数存在し、互いに成果を競い合っている。そのため目覚ましいスピードで技術が進歩し、近い将来、ワシントンなど米国の東海岸全域を射程に収める高精度のICBM(大陸間弾道ミサイル)が完成する可能性もあるという。発射時間が短縮されたうえに、長足の進歩であることが日米韓の脅威となっているのだ。  

「オバマ政権は北が挑発しても我慢して無視してきましたが、トランプ大統領はそうはいかない。なにしろ周囲は共和党のタカ派ばかりですからね。私は数日前、韓国の情報筋から、この3月に米軍が北に攻撃を仕掛けるとの情報を得ました。核や通常兵器による空爆ではなく、デルタフォースのような特殊部隊が金正恩の首を取る作戦というのです。北を庇護している中国も黙認するという。正恩の首さえ取れば北は心理的に参ってしまい、ミサイルで反撃できないでしょう。今回のミサイル実験で特殊部隊出動の確実性が一気に高まりました」

もし特殊作戦が発令されなくても正恩の命運が尽きる可能性は高い。

今月16日は亡き父、金正日の誕生日。北朝鮮はまたミサイルをぶっ放すとみられているが、こうした状況下で正恩にその度胸があるのか。けだし見ものである。









【北朝鮮崩壊!? まもなく米軍の特殊部隊が北朝鮮に攻め込むとの情報】の続きを読む

1: 名無しの海外速報です 2017/02/14(火) 21:48:38.50 _USER9
【黒崎愛海さん元交際相手のチリ人容疑者が最高裁に出頭】

 フランス留学中の筑波大3年、黒崎愛海さん(21)が行方不明になった事件で、フランス当局に国際手配されている黒崎さんの元交際相手でチリ人のニコラス・セペダ・コントレラス容疑者(26)が14日、チリの首都サンティアゴの最高裁に出頭した。

2017021401002029

 最高裁によると、事件についての尋問が目的でなく、事務局職員が容疑者に対し、フランスからの拘束要請や最高裁が命じた2カ月の出国禁止などについて非公開で説明。容疑者が直ちに拘束される可能性はないという。

f4f6fbc9

332f5e09










【巨乳は大事にしろ! 黒崎愛海さん元交際相手のチリ人容疑者が最高裁に出頭 〜 一応 仏と日本の顔は立てましたよってポーズよね】の続きを読む

1: 名無しの海外速報です 2017/02/14(火) 23:14:08.83 _USER9
殺害された金正男氏の息子も行方不明
北朝鮮の故金正日(キム・ジョンイル)総書記の長男で、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長(33)の異母兄である正男(ジョンナム)氏(46)が、マレーシアで殺害されたことが伝えられる中、他の家族の身元にも関心が集まっている。

3ebe9c78

 複数の韓国政府消息筋によると、13日にマレーシアで毒殺された正男氏が発見されたという。

 殺害された正男氏と第2夫人のイ・ヘギョン氏の間に生まれた長男ハンソル氏(21)は現在、フランスに滞在していると伝えられているが、正確な行方は把握できていない。

w500_h333

 ハンソル氏は父が叔父の金正恩委員長との権力にもまれ、マカオや中国など海外を転々としてきた。2011年からボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルにあるインターナショナル・スクールに留学し、その後、フランス・パリ政治大学に入学した。

 2013年、後見人の役割をしていた張成沢(チャン・ソンテク)元国防委員会副委員長が粛清されて身辺の異常説も出回ったが、フランス政府の警護のおかげで無事だったことが伝えられた。

 昨年、パリ政治大学を卒業したが就業しておらず、外国に滞在していることが分かっている。

 開放的な父親の影響を受けたハンソル氏は、海外のマスコミとのインタビューで金正恩委員長について“独裁者”だと表現していた。

 ハンソル氏は、2012年にフィンランド公営放送とのインタビューで「これまで生きていて(金正日総書記と金正恩委員長に)一度も会ったことはない」とし、「叔父がどうやって独裁者になったのかもわからない」と述べた。

no title

 毒針で殺害されたと伝えられている正男氏は、金正日総書記の第2夫人成恵琳(ソン・ヘリム)氏との間に1971年に誕生し、一時は後継者とされてきたが、金正恩委員長の執権後には北朝鮮に戻れないまま、海外を転々としていた。

 また金正日総書記の第3夫人金英淑(キム・ヨンスク)氏との間に生まれ、正男氏の異母妹であり金正恩委員長の異母姉となるソルソン氏が、対北朝鮮消息筋によると監禁された可能性が高いという。

 金正恩委員長は、金正日総書記の第4夫人で在日朝鮮人の高英姫(コ・ヨンヒ)氏との間に生まれ、血統を重視する北朝鮮の高位層文化において少なくはない差別を受けるなど、異母兄の正男氏との関係は良くなかったと言われている。

 金正日総書記と高英姫氏の間には、金正恩委員長より2歳上の兄の正哲(ジョンチョル)氏、4歳下の妹の与正(ヨジョン)氏がいる。








【【続報】殺害された金正男氏の息子も行方不明…金正恩の異母姉ソルソン氏は監禁か】の続きを読む
★アンテナヘッドライン★
TOP