海外速報|2chまとめサイト

世界中の厳選ニュース・話題の記事まとめ

★注目の記事★ -アンテナヘッドライン-

外交のこと

1: 名無しの海外速報です 2017/02/16(木) 00:01:34.97 _USER9
【トランプ大統領の円安批判に麻生大臣が反論】
麻生太郎財務相は15日の衆院財務金融委員会で、日米首脳会談前にトランプ米大統領が貿易問題で日本を円安誘導と批判したことに関連し、円相場を独歩安に誘導しておらず、日銀による金融緩和はデフレ対策だと語った。

324u82

黒田東彦日銀総裁も為替動向は日米金利差だけで説明できないと述べた。丸山穂高委員(維新)の質問に答えた。

麻生財務相は、トランプ発言について「(米国の)貿易赤字を何とかしたいという事に関心があるようだが、為替では無理だ」と語った。

リーマンショックという米国を起点とした世界的な信用収縮局面では、米連邦準備理事会(FRB)による大規模な金融緩和によって
ドル安/円高が進行したとし、それでも「日本は文句を言わずに(1ドル)70円台の円高に耐えてきた」と指摘。

新体制の米当局にも「日本は円の独歩安をやっていないし、金融緩和は単なるデフレ対策と説明する」考えを示した。

黒田総裁も、現在の金融政策は物価安定の実現が目的であり、為替相場を目的としたものではないことが「主要国の間で十分に共有されている」と繰り返した。









【トランプ大統領の円安批判に麻生大臣が反論 !「リーマンショックで米FRBが金融緩和して円高が進み日本は1ドル70円台で文句言わず耐えてきた」】の続きを読む

1: 名無しの海外速報です 2017/02/11(土) 14:28:33.58 _USER9
【米軍を受け入れてくださり、日本に感謝している】

 両氏は日米同盟が重要で、アジア太平洋地域の安定の礎になるという認識で一致したと発表。トランプ氏は在日米軍について、「米軍を受け入れてくださり、(日本に)感謝している」と述べるとともに、「日本の安全保障に関与する」とした。


o0580039713866156692

 また、首相は会談で、沖縄県の尖閣諸島が米国の日本防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用範囲であると確認したことを明かした。
北朝鮮による核・ミサイル開発や中国の南中国海、東中国海への海洋進出などに連携して取り組むことでも一致した。

 会談では、経済関係強化の具体策を検討するため、麻生太郎副総理とペンス副大統領をトップとする対話の枠組みを作ることで合意したという。
自由な貿易や投資の拡大をめざす。

 トランプ氏は、10日午後に大統領専用機のエアフォースワンで首相と一緒にフダ州のパームビーチに移動し、11日にゴルフをすることに触れ、「非常に実りある週末を過ごしたい」と笑顔で語った。











【【悲報】トランプ大統領「米軍を受け入れてくださり、日本に感謝している」〜しかし安倍が帰ればまた日本叩きwww】の続きを読む

1: 名無しの海外速報です 2017/02/11(土) 18:40:04.82 _USER9

【タイム誌が酷評 安倍首相はトランプに「へつらっている」 】
 日米首脳会談を受け、米メディアがおおむね、米国が日本の安全保障にコミットすることと経済協力を深めていくことを表明したのを客観的に報じたなか、
米タイム誌(電子版)は10日、安倍首相がトランプ米大統領に露骨にすり寄る姿勢を痛烈に皮肉った。


no title

 タイム誌は「日本の首相はトランプの心をつかむ方法を教えてくれた。へつらうことだ」という見出しで、首脳会談を報道。
安倍首相がトランプが大統領選に勝利するとすぐさま会見し、高価なゴルフクラブを進呈するなどして、いち早くトランプにすり寄った経緯を紹介し、
その結果、今回の会談でトランプから手厚いもてなしを受け、日中で領有権が争われている尖閣諸島の防衛に米国も参加することを再確認させた、などと報じた。

5






【【悲報】「日本の首相はトランプの心をつかむ方法を教えてくれた。へつらうことだ」と米タイム誌】の続きを読む

1: 名無しの海外速報です 2017/02/11(土) 16:20:45.55 _USER9
【日米首脳会談 親密さ高まった両首脳】

安倍晋三首相とトランプ米大統領は10日午後(日本時間11日午前)の首脳会談で、個人的な信頼関係の構築をアピールした。

no title

トランプ氏は、首相がホワイトハウスに到着すると車寄せまで出迎え、両手でがっちり握手。
予定ではそのまま首相を招き入れるはずだったが、トランプ氏は首相を抱き寄せ、ハグした。

会談後の共同記者会見では「(ハグしたのは)そういう気持ちになったからだ。
すばらしい関係を築ける」と笑顔で語った。

双方が共通の趣味とするゴルフを積極的に話題にすることで距離がさらに縮んだようで、トランプ氏は首相の手の甲を軽くたたき、「とても強い手をしている」と、ゴルフクラブを振るしぐさをしながら称賛。
首相も共同記者会見で「私の腕前は、大統領にかなわない」と持ち上げた。

AS20170211000362_comm

首相はさらに、ゴルフの格言を引き合いに「私のポリシーは『ネバーアップ、ネバーイン』(カップに届かなければ決して入らない)。(打数を)刻むという言葉は私の辞書にはない」と語り、笑いを誘ってみせた。
トランプ氏は共同記者会見で、発言する首相の表情をのぞき込んだり、うなずいて相好を崩したりと20回近くも動きを見せた。

atk702-0023283184

トランプ氏は「首相とはケミストリー(相性)がいい。もし変わったら申し上げるが、そうはならないだろう」と笑顔を見せた。









【何だこのラブラブ写真! 日米首脳会談 予定外のハグ、ゴルフ 親密さ高まった両首脳】の続きを読む

1: 名無しの海外速報です 2017/02/11(土) 18:52:45.25 _USER9
【たかが握手、されど全てを物語る】

2月10日、アメリカのトランプ大統領は日本の安倍晋三首相と会談した。2人はいろいろ議論を交わし、握手をした。ところが、その握手が見るからに変わっていたのだ。

トランプと安倍は19秒間握手した

トランプ「たくましい手だ」(ゴルフのスイング)

19秒間の握手シーンの最もいい部分はおそらく終わりの方、安倍晋三首相がまさにこんな感じの顔をしたところだ。

no title

「なななななに? 今の何?」

そして、私たちはこんな感じだ。「えーっ、今のは何だ?」

トランプ大統領と握手した後の安倍晋三首相

これをフェイクニュースだと思っている? ところがどっこい、トランプ大統領が公式のツイッターアカウントで投稿した、ちょっと違うバージョンもある。

アメリカで安倍晋三首相をもてなすことができて光栄だ

トランプ大統領は仲間との握手の仕方を知らなかったなんてことがあり得るのだろうか。
そうは思えない。先日トランプ氏が最高裁判事として選んだニール・ゴーサッチと握手をした場面はこうだった。

私は誰もこれを報じなかったことに驚いている。ただの握手が記事になる。トランプの記事は「恐怖新聞」だ。
(訳注:前後のやりとりから、トランプ氏が握手で相手を威圧しようとしており、その姿勢がぞっとするほど恐ろしいという意味)
 






【「なに? 今の何?」 トランプ大統領、安倍首相と握手19秒 たかが握手、されど全てを物語る(※動画あり)】の続きを読む
★アンテナヘッドライン★
TOP