★注目の記事★ -アンテナヘッドライン-

アメリカの話

1: KAIGAISOKUHO 2017/01/27(金) 07:57:54.65 _USER
 

【韓人大学生、酔って意識を失った女性を性暴行・動画撮影】

ランカスター出身の韓人大学生が酒に酔った女性を性暴行して、これを録画した疑いで検察に起訴された。

no title


ペンシルベニア州地域の新聞デイリー・カレッジアンは4月にステートカレッジキャンパス・ダウンタウンのあるアパートで女性を性暴行した疑いで逮捕されたシン某(22)被告の裁判が始まったと報道した。逮捕当時保釈金50万ドルが策定されたシン被告は2級性暴行や個人プライバシー侵害などの2級軽犯罪など、計5件の疑いで起訴された。

検察によればシン被告は去年4月10日、ステートカレッジ・ダウンタウンで酒に酔ったある女性の後ろを付いて行った。被害女性がアパートに到着して意識を失うと彼は強制に性関係を結んだ。被害女性は自分が意識を取り戻したにもシン被告は自分を性暴行して、携帯電話で動画を撮ったと陳述した。

警察はシン被告の逮捕直後、彼の携帯電話で性暴行動画とまた別の女性2名の半裸写真などを証拠として確保した。

一方、シン被告は被害女性が他の男性と酒を飲む姿を見た後、嫉妬心で事を犯してしまったと陳述した。しかし彼は被害女性が性関係を結んだ時に抵抗や嫌だという意思表現をしなかったと主張した。


http://www.2nn.jp/news4plus/1485471474/


シン被告の有罪が認定されれば最高懲役6年が可能である。宣告公判は3月30日に開かれる。

【韓人大学生、酔って意識を失った女性を動画撮影しながら性暴行】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2017/01/27(金) 14:17:29.10 _USER9
 
【女子高生、授業中にトイレに行くことを許されず、バケツに排尿】

高校の授業中にトイレに行くことを許されず、教室内の用具入れにあったバケツで
排尿を余儀なくされたとして元女子生徒(18)が学校を管轄する行政当局に損害賠償を求めていた裁判で、米カリフォルニア(California)州サンディエゴ(San Diego)の裁判所の陪審は25日、賠償金125万ドル(約1億4000万円)の支払いを命じる評決を下した。

 訴状によると原告の元女子生徒は、サンディエゴにあるパトリック・ヘンリー高校に入学して間もない2012年、授業中にトイレに行きたいと訴えた。しかし、教師は厳格な学校規則を理由にトイレに行くことを許可せず、代わりに教室後方の用具入れにあったバケツに排尿し、流し台に捨てるよう指示したという。

 当時14歳だった元女子生徒は、3週間にわたる裁判の中で、屈辱的な体験だったと証言。うわさが広がり、他の生徒から下品なメールが送りつけられるなどしたため、自殺を試みたと語った。

 原告側弁護士によると、元女子生徒はいまだに心理療法を受けている。裁判では250万ドル(約2億9000万円)の賠償金を請求していたが、評決には納得しているという。

 一方、被告の行政当局側は裁判で、当該教師には原告を傷つける意図はなく、
規則に従うべきだと考えただけだったと主張していた。この教師は問題の出来事の後、
休職扱いとなり、現在まで出勤していないという。
 



【女子高生、授業中にトイレに行くことを許されず、バケツに排尿…1億4000万円の賠償命令】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2017/01/26(木) 16:01:40.41 ID:CAP_USER9
 

【トランプ大統領「壁の建設費はメキシコに100%支払わせる」】

「トランプ砲」がまたしても炸裂です。TPP(環太平洋経済連携協定)からの離脱など、就任以来、次々と大統領令に署名しているトランプ大統領は、メキシコとの国境沿いに壁を築くよう命じる大統領令にも署名しました。

AS20161111003917_comm


これを受けて、メキシコのペニャニエト大統領がトランプ大統領との会談のキャンセルを検討していると一部メディアが伝えています。

トランプ大統領は国土安全保障省で大統領令に署名した後、「人々の命と仕事を守る」と強調しました。署名に先立って行われたインタビューでは「壁の建設費はメキシコ政府に100%返済させる」と述べ、壁の建設後にメキシコ政府に支払わせる考えを強調しました。

また、一部メディアは、メキシコのペニャニエト大統領が31日に予定しているトランプ大統領との会談のキャンセルを検討していると伝えました。

署名を受けて、ワシントンでは抗議のデモが発生し、参加者は「トランプ大統領は人権無視の独裁者だ」と怒りの声を上げました。



メキシコ大統領が声明、壁建設費用支払い拒否

メキシコのペニャニエト大統領は25日に発表した声明で、米大統領令について、 「残念であり非難する」と批判し、壁の建設費用の支払いを拒否した。

 
【【驚愕】トランプ大統領「壁の建設費はメキシコに100%支払わせる」〜向かうところ敵無し状態w】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2017/01/25(水) 21:20:42.04 ID:CAP_USER9
 

【ホワイトハウスのスペイン語サイトを閉鎖】

 外国人にも開かれたサービスを。これって、おもてなしの文化で外国からの観光客をたくさん受け入れたい日本では、基本的なスタンスだと思うんですよね。
昔は英語くらいしかなかったのが、いまでは中国語や韓国語でも同じサービスを提供しようという流れが強まってきました。

white-house


ところが、自由の国のアメリカでは、移民に厳しい政策を打ち出すドナルド・トランプ大統領の就任以来、まさにこの逆をいく、非常に排他的なサービス精神が顕著になっていますよ。
もっとも衝撃的だったのは、ホワイトハウスのスペイン語版サイトの完全閉鎖です! メキシコに次ぐ、世界でも最大規模のヒスパニック系住民を抱えるアメリカ政府が、これまであったスペイン語でのサービス提供を中止するって、どういうことよ?

皆が一つになるために、我々は英語を話すことが絶対条件の国に生きている。国が一つになるため、皆で一致団結しようではないか。
そんな激しいメッセージを飛ばし、選挙戦を勝ち抜いてきたトランプ大統領。でも、まさか本当に英語以外のサービスを蹴散らし、英語を読み書きできないような米国民は必要ないだなんて政策を地でいこうとは思ってもみなかった多くの人々が、いま衝撃を受けているようですね。

088b178f

米連邦政府の予算は3兆ドル(約340兆円)に上ります。そのなかで、スペイン語を主要な言語とする人のために割かれる翻訳コストなんて、まさに微々たるものでしかないでしょう。ここをケチって、ヒスパニック系の住民への情報提供を拒む理由は?

もはやだれの目にも明白な、移民大嫌いを貫くつもりのトランプ大統領の新政権。これから米国は、いったいどこへ行くのでしょうね?




【【悲報】移民嫌いのトランプ大統領、マジでホワイトハウスのスペイン語サイトを閉鎖…英語を話せない米国民は不要?】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2017/01/25(水) 18:23:07.28 ID:CAP_USER9
 

【メキシコ国境に壁、大統領令署名へ】

トランプ米大統領がメキシコ国境沿いへの壁の建設など、不法移民対策を強化する複数の大統領令に25日に署名する見通しだと報じた。

123


 トランプ氏も24日、ツイッターで「我々は壁を作る!」と改めて強調した。

 トランプ氏にとって、壁建設などの不法移民対策は、選挙公約の重要な柱。早期実現に向けて強くアピールする場となりそうだ。
 同紙によると、大統領令はメキシコからの不法移民を念頭に置いたもの。不法移民の強制送還に非協力的な都市への補助金削減なども検討されているという。


【【驚愕】21世紀のベルリンの壁か!!トランプ氏「我々は壁を作る!」メキシコ国境に壁、大統領令署名へ】の続きを読む
★アンテナヘッドライン★
TOP