海外速報|2chまとめサイト

世界中の厳選ニュース・話題の記事まとめ

★注目の記事★ -アンテナヘッドライン-

世界のIT事情

1: KAIGAISOKUHO 2017/01/02(月) 15:26:06.21 ID:CAP_USER
 
 
【大躍進のMVNO、2017年も破竹の勢いは続くのか】

「格安SIM」などの名称で認知度が高まっているMVNO(仮想移動体通信事業者)だが
、2016年は総務省による、スマートフォン実質0円販売の事実上禁止措置などの影響を受けて利用者が急拡大した。勢いに乗って攻めの戦略を次々と打ち出すMVNO。2017年はその先を見据えた取り組みが問われる。

01_588x

MVNOはここ数年来、「格安SIM」などの名称で知られるようになった。大手キャリアと比べサービスはシンプルだが、その分毎月の通信料が非常に安いことから年々注目を高めてきた。
MVNOにとって、2016年は大きくブレイクした1年だったといえる。
最近ではテレビCMを展開する企業も増えているとはいえ、MVNOは大手キャリアと比べ
知名度が低い企業が多い。それゆえ従来はITやスマートフォンに詳しい人達が、自らサービスを探し出して契約する傾向が強かった。それゆえユーザー層も30、40代の男性が中心だったのだが、最近は傾向が大きく様変わりしてきており、より若い世代やファミリー層などの利用が増えてきている。

DSC00550

その最大の要因は、総務省が2016年4月に「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」を打ち出し、これまで一般的になされていた、大手キャリアのスマートフォン実質0円販売を事実上禁止したことにあると見られる。安価な料金を求める人達が、スマートフォン価格の値上がりを嫌ってMVNOへと移行したことから、これまでとは異なるユーザー層がMVNOに流入し、利用者の拡大へとつながったわけだ。
ユーザー層の変化を受け、2016年にはMVNO側の戦略も大きく変化している。具体的に言えば「キャリア化」、つまり大手キャリアに近い戦略をとるMVNOが増えたのだ。
そのことを象徴している施策が3つある。1つ目は音声通話定額サービスを提供するMVNOが急増したこと。

rakuten_ber

2つ目は、通信と端末、そしてサービスをまとめて販売することで、お得な料金を実現するセット
販売が増えたこと。そして3つ目は、実店舗を全国展開するMVNOが増えたことだ。
これらはいずれも、大手キャリアでは一般的な取り組みである。大手キャリアからユーザーが流れ込んできたことで、キャリアと同様の商品やサービスを求める傾向が強まっていることが、MVNOの戦略に大きく影響したといえそうだ。


(続きはサイトで)


【大躍進の格安SIM、2017年も破竹の勢いは続くのか 〜「詐欺での利用が増えてるからそのうち審査厳しくなるかもな」】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2017/01/17(火) 20:07:51.95 ID:CAP_USER
 
【LINE、世界でもっともお金を稼いだアプリ会社に】

iPhoneやAndroidスマートフォン向けにアプリケーションを出している企業は星の数ほどあるが、2016年に世界で最もお金を稼いだのは、ゲーム関連を除くと「LINE」だった。実に4年連続だ。

line-thailand-note



収益を支えているのは何かといえば、当然ながらまず社名のもとにもなっており、日本で圧倒的多数が使っている無料チャット・通話アプリ「LINE」本体がある。ゲームを除けば世界2位の収益を上げている。
さらに電子コミックアプリ「LINEマンガ」も同8位の成績。電子書籍でLINEの存在感は着実に高まっている。
ちなみにLINEが出している複数のアプリがトップ10に入るのは2014年から3年連続のことで、ほかの企業では例をみないとしている。

preview71

主力市場である日本では特に好調だ。LINE、LINEマンガだけでなく、アバターアプリの「LINE Play」や音楽アプリ「LINE MUSIC」もゲームを除く収益ランキングで上位に入っている。
こうした収益の大きさをてこにLINEが次はどう動くのか、さらに日本市場を固めるのか、あらためて中国市場などに力を注ぐのか、興味の尽きないところ。


 
png




【【悲報】LINE、世界でもっともお金を稼いだアプリ会社に 〜でも利益は全部韓国に流れますw】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2017/01/14(土) 17:57:30.96 ID:CAP_USER
 
 
【Amazon エコーが大失態…「ニュースの声を注文と勘違い」】

 昨今話題になっている音声認識デバイス。一番身近なところでは、iPhoneのSiriやアンドロイドに搭載された会話認識機能が思い浮かぶ。昨年に大ヒットした、話しかけて操作するAmazonの人工知能スピーカー『エコー(Echo)』もその一つだ。エコーに話しかければ、搭載されたAI「アレクサ(Alexa)」が情報を処理。
ネット検索はもちろん、天気予報を聞いたり、アラームをセットしたり、音楽を再生させたりできる。その上、「アマゾンの商品を注文する」という機能まであるから驚きだ。しかし最近では、このエコーで思わぬハプニングが起きている。

maxresdefault


 ことの発端はアメリカのダラスに住む6歳の女の子がアマゾンエコーに「ドールハウスとクッキーを買って」とお願いしたことだ。数日後、約160ドル(約1万8千円)相当のドールハウスと2kgにもなる大量のクッキーが家へ配達されて、女の子の母親はびっくり。結果、届いた高価なドールハウスはチャリティーに寄付されることになったのだとか。

 このなんとも微笑ましい事件をアメリカメディアは朝のニュースで取り上げた。このニュースを伝える際、男性アナウンサーは「アレクサ、私にドールハウスを注文して。(Alexa order me a dollhouse)」と話した。
するとその結果、なんとTVの音声を主人からの注文と勘違いしたエコーがドールハウスをアマゾンに注文し始めたというのだ。

amazon-echo-hero

 しかもこのエコーの誤認識によるドールハウスの注文はたった数件だけでなく、大量に殺到したという。後日、アマゾンは公式サイトで今回のトラブルで誤発注されたドールハウスはキャンセル、または払い戻しができると明らかにした。

 ちなみに、アマゾンエコーの設定で音声注文を禁止したり、決済時には認証コードを確認するように設定することができる。しかし、それを「手間」と考えて設定をおろそかにしてしまうと、このようなトラブルもあり得るということだ。


(続きはサイトで)
 



【【悲報】Amazon エコーが大失態…「ニュースの声を注文と勘違い」誤発注殺到 =「これは便利って言うのか? 」】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2017/01/13(金) 14:59:41.21 ID:CAP_USER
 
 
【Windows搭載機の出荷台数がついにAppleに抜かれる見通し】

今年Windows搭載機の出荷台数は低迷し、iOSとmacOS搭載機の出荷台数と逆転する、との予測を発表しました。
AppleデバイスとWindowsデバイスの出荷台数が逆転


1de5b05bd59a8245202249b4ef674b34

Gartnerによれば2017年、AppleのiOSデバイスつまりとiPhoneおよびiPadと、

macOS搭載機すなわちMacを合わせた出荷台数は、Windows搭載デバイスの出荷台数を上回る見通しです。そして2018年、2019年にはその差がさらに拡大すると同社は予測しています。

同社の調査では、2016年に出荷された23億台のデバイス(PCやスマートフォン)のうち、Windows搭載デバイスは約2億6,000万台で、全体の約11.2%でした。ご推察のとおり、圧倒的多数を占めているのはAndroidデバイスです。

Apple-logo

一方iOSとmacOS(以前はOS X)搭載デバイスの2016年の出荷台数は、対前年比10%ダウンの2億4,800万台でした。
これはiPhoneの売り上げ減によるものです。

en-INTL-PDP0-Windows-10-Pro-FQC-09131-P1

PCにほぼ依存するWindows
Windowsデバイスが今後低迷するという予測の根拠は、WindowsがほぼPCに依存していることにあります。PC出荷台数が減少しているうえにMicrosoftは昨年、スマートフォン事業を大幅に縮小しています。
Gartnerの予測によると、2016年におけるPC型デバイスの出荷台数合計は2億6,800万台で、前年から7%減少しています。
そして2017年にはさらに0.7%減少し、2億6,600万台となる見通しです。ただし2018年には若干持ち直して2億7,200万台、2019年には2億7,800万台となるだろう、と同社は予想しています。
PCがなくなることはないものの、市場は縮小しています。2012年には年間3億5,000万台以上が出荷されていたことから見ても明らかです。

 



【【悲報】Windows搭載機の出荷台数がついにAppleに抜かれる見通し 〜2ch「ついにあのWindowsに勝利!」】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2017/01/13(金) 13:17:46.51 ID:CAP_USER9
 

【「Nintendo Switch」2万9980円で3月3日発売】

任天堂は1月13日、新型ゲーム機「Nintendo Switch」を3月3日に発売すると発表した。価格は2万9980円(税別)。

no title

 Nintendo Switchは、携帯型ゲーム機としても据え置き型ゲーム機としても遊べるのが特徴。コントローラー部分とディスプレイが着脱可能で、テレビとHDMI接続した「Nintendo Switchドック」に本体を置くと、大画面でゲームを楽しめる。複数プレイヤーでの対戦も可能だ。

 14~15日には、東京ビッグサイトで一般ユーザーを対象としたNintendo Switch体験会を実施する。入場は無料で誰でも参加できる。






【【話題】「Nintendo Switch」2万9980円で3月3日発売 任天堂の最新型ゲーム機(※動画あり)】の続きを読む
★アンテナヘッドライン★
TOP