海外速報|2chまとめサイト

世界中の厳選ニュース・話題の記事まとめ

★注目の記事★ -アンテナヘッドライン-

世界のIT事情

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1: KAIGAISOKUHO 2017/01/07(土) 09:55:18.49 ID:CAP_USER
 
 
【授業の1割がプログラミング教育、先進公立小の取り組み】

政府が2020年以降に小学校での必修化を決めるなどの追い風もあり、若年層向けのプログラミング教育が注目されている。だが専門性の高い領域だけに「誰が教えるか」などが議論になりがちだ。そんな中、ある公立小学校が先進的な取り組みを公開した。

小金井市立前原小学校が実施した学校公開には、父兄に加え、一般募集された合計約400人もの見学者が詰めかけていた。1年生から6年生までの全てのクラスで、プログラミング授業を実施するユニークな取り組みが公開されたからだ。

img_c1ac42df5dc1b386ffc76aa4e6502bf2516872

同校は16年度より3年から6年生の10クラスを対象に、年間20時間(コマ)のプログラミング授業を実践する。
原動力は16年4月に着任した松田孝校長だ。前任の学校でも児童全員に1台ずつiPadを配布するなど、若年層向けのIT(情報技術)教育では知られた存在だ。

 「松田流」がユニークなのは、プログラミングを素人の学級担任が教える点。高度なスキルが必要なため、専門の講師などが必要とよく言われるが、松田校長は逆だと話す。
「小学校だからこそ、児童一人ひとりを知り尽くした担任が実施すべきだ」。プログラミングはあくまで教材であり、ITの本質を学ぶ方に主眼がある。
 
runnable_01

 松田校長は来年度、年間100時間のプログラミング授業を実施するとぶち上げる。
総合的な学習の時間だけでは足りないため、国語や算数、音楽や図画工作などの
通常の教科授業でもプログラミングの要素を取り入れる考えだ。

 
「100時間は小学校の全授業の約10%。 達成できれば、小学校の教育は確実に変わる」と意欲を見せる。旧態依然と批判されがちな小学校を変える。それがプログラミング授業の本当の役割なのかもしれない

【web起業家の卵を増やせ!!授業の1割がプログラミング教育、先進公立小の取り組み…授業は素人の学級担任で】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1: KAIGAISOKUHO 2017/01/02(月) 12:17:18.12 ID:CAP_USER
 

【iPhone製造最大手のFoxconn、すでに工場の完全自動化を達成】

Apple最大のサプライヤーであるFoxconnが、工場従業員を完全にロボットに置き換える計画を進めており、一部工場はすでに完全自動化を達成している。

 同社の製造自動化は4段階に分けて考えられています。
第1段階:人間が担当するには危険、あるいは人間がやりたがらない作業の機械化
第2段階:製造ライン全体の自動化に向けたロボットの導入
第3段階:工場全体が自動化され、最低限の従業員だけが配置される
第4段階:製造ラインの完全な自動化

7aad177f7e5128b16ce052331e0dacd1

中国の成都、深セン、鄭州にある工場は、すでに第2段階から第3段階の自動化を達成している。

さらに、オールインワン型PCや液晶モニターなどを製造する10の工場が、すでに製造の完全自動化を達成しているとダイ氏は明かしています。
Foxconnは「Foxbot」と呼ばれる自社開発の製造用ロボット40,000台を配備済みで、さらに年間10,000台のFoxbotを製造可能とのことです。ただし、初期のFoxbotは、柔軟に事態に対処可能な人間に取って替わるほどの能力がないそうです。Foxconnには良いことづくめ、一方で数万人が失業し地域経済崩壊の可能性 Foxconnにとって、製造の自動化推進は、製造効率の向上、人件費の削減、人的ミスがなくなり不良品率低下、労働問題の回避など、企業としては良いことづくめです。

jpg

アメリカでのiPhone製造と工場の完全自動化は無関係?

Foxconnは、ドナルド・トランプ次期大統領からAppleへの強い要請を受けてアメリカでの製造を検討しているとみられるほか、ソフトバンクの孫正義社長がトランプ次期大統領との会談時にアピールしたアメリカでの投資と雇用創出には、Foxconnも参画している模様です。
しかし、Foxconnを率いるテリー・ゴウ最高経営責任者(CEO)が、トランプ次期大統領にあてた公開書簡で「私が中国で製造しているのは、安上がりだからではない。すぐ近くに私の工場がたくさんあり、最盛期には100万人を雇用している」と述べているように、中国での製造には、部品メーカーなどが近くにあることによるメリットがあります。


ただ、トランプ次期大統領を挑発するようなゴウCEOの公開書簡の調子からは、「頼まれたからアメリカにiPhone製造工場を作ったが、完全自動化されていて雇用を生まなかった」という壮大なブラックジョークを仕掛けるかもしれない、という気すらしてきます。 【【悲報】iPhone製造最大手のFoxconn、工場の完全自動化で雇用ゼロ!? wwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1: KAIGAISOKUHO 2016/12/31(土) 09:34:15.69 ID:CAP_USER
 
 
【アップル、最新iPhoneを1割減産へ】

米アップルがiPhoneを2017年1~3月期に前年同期比1割程度、減産する。

foxconn-iphone_large_verge_medium_landscape-e1380760906371
16年9月に発売した「iPhone7」の販売が伸び悩み、「6s」の不振で大幅減産となった16年1~3月期をさらに下回る。
スマートフォン(スマホ)市場をけん引してきたアップルだが2年連続で旗艦モデルが伸び悩む事態となっている。


6507

【【悲報】アップル、最新iPhoneを1割減産へ 〜2ch「日本じゃMNP一括0円が無くなったからね。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1: KAIGAISOKUHO 2016/12/29(木) 17:03:10.55 ID:CAP_USER9
 

【巨大飛行船とドローンの編隊で倉庫と配達を空挺化】

Amazonは2013年から、ドローンによる配達に挑戦している。でもAmazonの最近の特許申請文書をよく見ると、Amazonが考えているのは単純に品物をドローンで運ぶだけでなく、 フルフィルメントセンター全体を“空飛ぶフルフィルメントセンター”にしてしまう、という大規模な構想であることが分かる。つまりそれは、倉庫のツェッペリンだ

img_01

この空挺型フルフィルメントセンター(airborne fulfillment centers, AFC)は、特定の品目の需要が近く急増する、と予想される地区の上空に、一定量の在庫を積んで停泊する。

このAFCには、食品の配達に適した冷蔵冷凍タイプも含め、各種のドローンが付随し、客が指定した日にち時間のスケジュールに基づいてAFCから送り出される。

特許文書には、実際の例としてスポーツのイベントが挙げられている。今、下の方では、何かの種目の全国大会の決勝戦が行われているとき、上空のAFCにはスナック類や、スポーツファンが殺到する記念品が山のように積まれている。

no title

さらにその文書は、AFCは音声や垂れ幕などによる広告媒体にもなりうる、と示唆している。

また、空輸配送を可能にするための複雑なネットワークシステムにも、言及されている。

空飛ぶフルフィルメントセンターや、それが装備するドローン船隊に加え、Amazonはさらに、人間や各種サプライやドローンたちをAFCの近くまたは地上に運ぶ、大型シャトルも構想している。

文書に記されているこれら大小さまざまな構想がそれぞれ、今どれぐらいの開発段階にあるのか、テスト、あるいはローンチの予定はいつごろか、などについてAmazonに問い合わせている。AFCの巨大飛行船は、いつどこで、初お目見えするのだろう?

Amazonはまだ、何も答をくれない。

【スカイネットの時代!!アマゾン「空飛ぶ倉庫」を計画…巨大飛行船とドローンの編隊で倉庫と配達を空挺化=2ch「就職先は? Amazon空挺部隊!wwww」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1: KAIGAISOKUHO 2016/12/29(木) 19:13:54.13 ID:CAP_USER
 
 

【このプラチナカードで」、“どや顔”が消える時代】

職業柄、バーでなじみになるとクレジットカードの決済手数料を聞いてしまう癖がある。

スマートフォンに小型端末を差してクレジットカード決済端末として利用できる加盟店向けサービスの取材に回っていた。当時、会社の先輩によく連れて行ってもらって顔なじみになっていたバーのマスターに決済手数料について聞いた時の記憶が、最近になって蘇ってきた。

2273200482_803199a4ba

マスターは「ブランドにもよるけど5~8%くらいかな」と教えてくれた。筆者が取材していたスマホ決済サービスは加盟店が支払う手数料が3.24~3.25%という低い手数料を実現していたため、こういうサービスを利用しないのかとたずねると、対応ブランドを見て「私もね、VISAやMastercardだけ対応していればいいと思うんだけどね、こういう夜のお店だと特定のブランドが使えないと怒り出すお客さんがすごくたまにいるんだよ」と言った。

how-to-use-applepay-g

 マスターが言うにはお会計のときこそ、お客さんがどや顔で輝く瞬間なのだという。
一緒に連れてきた後輩と思わしき部下や異性を前にさっそうと金色や白金色に輝くブランドカードを置く。
「その瞬間に使えませんなんて言ったらメンツが潰れちゃうんだろうね」とマスターは笑っていた。

 日本でついに米アップルの「Apple Pay」や米グーグルの「Android Pay」が始まった。
ふと、あのときにした会話が思い出された。クレジットカードをスマホアプリに登録して利用するこの手のサービスが世の中に広く普及したとき、どや顔をしていた人たちはいったいどうなってしまうのだろうと、疑問に思ったからだ。
pretapplepaydesktop

筆者は「どや顔をする人たち」を皮肉るつもりはまったくない。むしろ、このどや顔する人たちこそ、
ブランドのマーケティング活動に確実に寄与してきたと考えているからだ。

決済がスマホに飲み込まれると、非情にもブランドは外観を消す。残るのは会員として受けられる特典だけであり、ピコンという変わらぬデジタル音とともに保持者の周囲に対する優越感は消え失せる。 だが、こうした現象はいち早くほかの業界で起きていることでもある。 【【悲報】「このプラチナカードで」、“どや顔”が消える時代に失うモノ 〜年会費払ってまでカードを持つって、何の意味が?】の続きを読む
★アンテナヘッドライン★
TOP