★注目の記事★ -アンテナヘッドライン-

欧州のニュース

1: KAIGAISOKUHO 2017/03/04(土) 16:06:05.48 _USER9

 スペイン北西部の町にあるレストランで開かれた食事会で、参加した客の約120人全員が代金を支払わずに逃げた。英BBC放送などが伝えた。

7566094f-s

 客らは食事や酒を楽しんだ後、デザートが出てくる前に一斉に逃げ出したという。2000ユーロ(24万円)が払われておらず、オーナーは「こんなことは初めてだ」と頭を抱えた。(共同)






【【悲報】120人の食事会で大盛況 → 一斉に集団食い逃げwwww】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2017/03/04(土) 16:20:35.17 _USER9

オランダは2009年に8カ所、2015年に19カ所の刑務所の閉鎖を決定しましたが、これらに続いて2016年も5カ所の刑務所の閉鎖が決定されたことがわかりました。

オランダの刑務所が次々に閉鎖している原因の1つは、単純に犯罪そのものの数が減少していること。
もう1つは裁判官が有罪判決を下された人に対して短い刑期を言い渡すようになったためです。


00

DutchNews.nlによるとオランダの犯罪率は年0.9%の割合で減少しており、このままいくと2021年には3000の独房と300の少年鑑別所が不要になるとのこと。
刑務所職員が職を失うという問題はあるものの、刑務所が閉鎖されればそれまで必要だったコストを削減できるなど、よい点もあります。

またノルウェーでは犯罪者が多すぎて収容する場所が足りない、という状況になっており、2015年には1000人もの囚人がオランダに移送されました。
さらに、閉鎖された刑務所の中には難民や移民のためにオランダ政府によって提供されているところもあります。

スウェーデンはオランダと同じような状況で、2年間で囚人の数が6%減少したため、2013年には4つの刑務所が閉鎖されました。
これは2011年から薬物犯罪に対する刑の言い渡しが軽くなったためと見られています。
一方で、薬物犯罪に対して厳しい措置を取るアメリカは囚人の数が世界最多になっており、2013年には2200万人が収容されることとなりました。

なお、ノルウェーには「懲罰」ではなく「社会復帰」を重視した「バストイ刑務所」が存在します。 刑務所というと鉄格子があって……というイメージですが、鉄格子なし、開放的な部屋と、囚人たちの笑顔で満ちあふれるバストイ刑務所の様子は以下のムービーから見ることができます。




ノルウェーの
「バストイ刑務所」の様子はコチラ





【【驚愕】俺の自宅より快適!? ノルウェーの刑務所が快適すぎでワロタwww(※画像あり)】の続きを読む

1 :KAIGAISOKUHO 2017/03/03(金) 15:39:20.15

韓国のK−9自走砲がフィンランドに輸出される。

防衛事業庁と大韓貿易投資振興公社(KOTRA)は2日、ソウル龍山区のハイアットホテルで、フィンランド政府と国産K−9自走砲48台輸出契約を締結した。韓国産自走砲の輸出は2001年のトルコ、2014年のポーランドに続いて3件目となる。

20130129113611-2

契約式にはフィンランドのニーニスト国防相、チャン・ミョンジン防衛事業庁長、金宰弘(キム・ジェホン)KOTRA社長、申鉉宇(シン・ヒョンウ)ハンファテックウィン社長らが出席した。今回の輸出契約は1億4500万ユーロ(約190億円)規模で、2025年までに引き渡しを完了する計画だ。

国防科学研究所(ADD)とハンファテックウィンが共同で開発し、1999年に実戦配備されたK−9自走砲は射程距離が40キロで、弾薬と装薬の供給を自動化した世界初の自走砲であり、性能と価格の面で世界最高と評価されている。








【韓国、フィンランド政府と「世界最強」国産K−9自走砲48台輸出契約を締結】の続きを読む

1 :名無しの海外速報です 2017/02/25(土) 04:49:58.89

【ロシアのサバイバル番組が激ヤバ】

ロシアが映画『バトルロワイヤル』や『ハンガーゲーム』のようなサバイバル番組を放送開始すると発表した。
番組名は『Game2:Winter』で2017年7月に配信開始するという。


【簡単に説明すると】

・ロシアが究極のサバイバル番組を開始
・殺人、性暴行なんでも可能なルール
・ロシア法は適応され犯人が発覚すれば逮捕


その番組は18歳以上の男女30人が熊や狼が生息するマイナス40度のシベリアにて約10ヶ月間サバイバルを行うリアリティショー。
24時間オンラインで生中継され、視聴は自分が応援するプレイヤー(参加者)に必要なアイテムを送ることが可能。アイテムは何でも送れるのか番組のウェブサイトから選ぶのかは現時点では不明だが、後者の可能性の方が高い。
シベリアの荒野には2000台のカメラが設置され、映像が世界中から閲覧可能。撮影クルーなどは同行せず定点カメラのみでの撮影となる。

番組に参加の際、出演者は番組進行中に生存していない可能性があるという免罪事項と、犯罪発生時に逮捕に応じるという署名をしなければいけない。途中で放棄したいプレイヤーは「パニック」ボタンを押すと、すぐに救助隊が出動し、シベリアから脱出させてくれるという。

参加者は、ゲーム開始前にロシアの特殊部隊要員からサバイバル訓練をある程度受けるという。銃の所持は不可能だが、剣を持つことは可能。

このサバイバルに生存した者は1億ルーブル(約2億円)の賞金が与えられる。生存者が複数いる場合は賞金を分け合うことになる。








【【衝撃】ロシアのサバイバル番組が激ヤバ! 殺人と性暴行が可能で-40度のシベリアに放置 捕食動物もうようよ】の続きを読む

1 :KAIGAISOKUHO 2017/02/22(水) 23:09:06.66 ID:CAP_USER9.net
【パイナップルピザ禁止法案を作りたい】

アイスランドのグズニ・ヨハンネソン大統領は先日、高校生たちと食事会をしている時に幾つかの質問を受けた。好きなサッカーチームや食べ物の話になり、パイナップルのピザが好きかどうかとたずねられたところ大統領はこれを強く否定、さらに「できればパイナップルをピザの具に使うことを禁止にする法律を作りたい」と語ったという。

no title

日本でも酢豚にパイナップルを入れるか入れないかで反応は分かれるが、好きな人にとっては大きな問題。
さっそくピザの自由を求めて多くの人たちが“パイナップル・ピザの権利”を求めてSNSなどで投稿すると、ハワイやアメリカ本土のピザ店なども「禁止しないで」と意見を述べるという騒動に発展した。

瞬く間に“パイナップルピザ禁止令”の話題が世界に報じられてしまったヨヤンネソン大統領は、「パイナップルが嫌いなのではなく、ピザの具に使うのが嫌いなだけですが、大統領の権限をもってしても禁止することができないこと私は嬉しく思っています」とコメントし、事態の収束を図った。なお、最後に「ピザの具はシーフードがいいと思う」とちゃっかり自分の意見を伝えたという。

ネットでは「実は自分もパイナップルと熱いチーズは合わないと思っていた」「ピザも美味しい。パイナポーも美味しい。
両方美味しいものを一緒に食べて美味しくないわけがないだろう」「好き嫌いを押しつけることができないということを知っていだけでもあの国の大統領よりマシ」「冗談だったろうに、ここまで広がるとはかわいそうにも思える」など様々な反応があるようだ。






【「パイナップルピザ禁止法案を作りたい」 アイスランド大統領の発言が物議】の続きを読む
★アンテナヘッドライン★
TOP