★注目の記事★ -アンテナヘッドライン-

欧州のニュース

1: 名無しの海外速報です 2017/02/10(金) 08:59:21.92 _USER9
【中国人観光客、フィンランドで旅行ガイドに襲いかかる 】

フィンランド・ラップランドを旅した中国人観光客に付き添っていたガイドが、約束されていたオーロラが見えなかったことに不満を抱く中国人観光客に襲われ、警察を呼んだ。

1

オーロラ鑑賞地として知られるラップランドを訪れた中国人観光客たちは、旅行中にオーロラを見ることができなかったため騙されたと感じた。そして現地ガイドに不満をぶつけた。

中国人観光客らは声を荒らげ、鉄拳制裁を加えたため、ガイドたちは警察を呼んだ。駆け付けた警官たちは中国人観光客に、オーロラは雲がない時でなければ見えないため、実際のところオーロラの鑑賞はとても難しく、ガイドがそれに影響を与えることは一切できないと説明したという。









【【悲報】中国人観光客、フィンランドで旅行ガイドに襲いかかる 「オーロラが見られない。騙された」 〜2ch「お前らの国は青空すら見えないだろw 」】の続きを読む

1: 名無しの海外速報です 2017/02/09(木) 21:24:31.48 _USER9
【女子刑務所に収監されたトランスジェンダーの「元男性」】

心と体の性が一致しない“トランスジェンダー”は、刑務所でどちらの性として扱われるべきなのか。
日本でもトランスジェンダーの受刑者が処遇の見直しを求めて刑務所に申し入れをするなど議論が盛んになっているが、このたびスコットランドでは…。

no title

ペーター・ラングという名の男性として生まれたものの、女性として生きてきたトランスジェンダーのパリス・グリーン(23)は2013年、男2人と共謀しスコットランド・グレンロセスで46歳のロバート・シャンクランド氏を虐待の末殺害したとして懲役18年の有罪判決を受けた。

当時のパリスは性転換手術を切望しており、自分は女であると強く主張。
身体は男性のままであったものの、スターリングの女子刑務所での服役を特別に許可されていた。

しかし入所後5週間しかたっていない2013年12月、複数の受刑者らと淫らな関係を持っていることが発覚し、60キロ以上離れたエディンバラ刑務所の女性専用棟へと移送された。
それから3年を経た2017年、パリスはエディンバラの女性受刑者らと複数回にわたり性的関係を持ち、今度は女性専用棟から男性専用棟への移動を余儀なくされていたようだ。

「刑務所内では複数の女性受刑者が性行為を求めていたが、それに対応できたのはパリスだけだった。
最初は警告に留め黙認してきた刑務所長も、さすがに我慢の限界だったようだ」とその経緯を説明している。
長い服役により性的欲求が高まり、パリスは求められるがまま、あるいは求めるままに性行為に走ってしまったということか…。







【【驚愕】女子刑務所に収監されたトランスジェンダーの「元男性」、女性受刑者と性行為を繰り返し男性棟へ移送】の続きを読む


【トランプ米大統領の訪英中止を求めて80万人以上が署名】

トランプ大統領のイスラム教徒の旅行の禁止を受けてトランプ氏の英国への公式訪問の中止を求める請願書が80万人以上の署名を集めた

uk-queen-elizabeth-2





3CA2833400000578-4168906-image-m-12_1485717195787

数多くの署名により下院で議論するための必要数の10万を容易く突破しておりさらに多くの人が署名をしている 。

現在1分間に平均1000人以上の署名が寄せられており、既に請願の歴史上三番目の規模になっている 。
トランプ大統領の公式訪問の計画はメイ首相が48時間前に発表したばかりであり、当時メイ首相は女王からの招待をトランプ氏が受けたことを明かしていた。

【トランプ米大統領嫌われる「トランプを女王陛下に会わせるな」訪英中止を求めて80万人以上が署名】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2017/01/22(日) 22:21:21.84 ID:CAP_USER9
 

【ローマ法王「ポピュリズムがヒトラー生む」と警告】

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は21日、ポピュリズム(大衆迎合主義)は、ナチス・ドイツの独裁者アドルフ・ヒトラーのような「救世主」を生み出しかねないと警告した。

pope-francis-address

 ドナルド・トランプ氏が米大統領に就任した翌日、スペインの全国紙「パイス」とのインタビューでフランシスコ法王は、国境に壁や鉄条網を張り巡らせて外国人を締め出すという考え方を批判した。

 法王は欧州におけるポピュリズムの例として1933年のドイツに言及。「ドイツは指導者を求めていた。ドイツのアイデンティティーを取り戻せる指導者を。そこに『私ならそれができる』と言ってアドルフ・ヒトラーが現れた」「ヒトラーは指導者の座を盗んだのではない。彼はドイツ国民によって選ばれ、そしてドイツ国民を破滅させた」と述べた。

全文はソースで


【ローマ法王がトランプの政策に警告「ヒトラーのような「救世主」を生み出しかねない」 〜2ch「宗教家が政治に口を出すのは、絶対に許されないタブー」】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2017/01/21(土) 17:33:11.55 ID:CAP_USER9
 

【全裸の清掃人を自宅に呼ぶことができる新サービスが登場】

英国に、一糸まとわぬ清掃人を自宅に呼ぶことができる新サービスが登場した。そうしたサービスを提供するのは、Naturist Cleanersなる会社だ。 情報サイトGet Surreyが伝えた。

【簡単に説明すると】

・イギリスで全裸の清掃業者が話題に
・全裸の女性が家庭内を掃除してくれる
・掃除以外のサービスは禁止



気になるそのお値段は、1時間65ポンド。延長も可能で、その場合は1時間55ポンドとなる。もちろん希望すれば「衣服を着た」清掃人も呼ぶことが可能だ。その場合は、最初の2時間は時給45ポンド、その後の延長料金は1時間当たり20ポンドとなる。

no title

なおNaturist Cleaners社が、派遣する清掃人はすべて女性。広報担当者のスミス氏によれば、これは、クライアントの大部分が男性あるいは御夫婦であることによる。また他のクライアントも、家での清掃は、やはり裸の女性の方を良しとする。女性達は、クライアントの家に着くと「素っ裸」になり、家の主人は、そんな彼女の働く姿をじっと見ることができる。

no title

派遣会社のサイトによれば、注文前にクライアントは、自分が求める清掃人の容姿に関する希望を同社に伝えることができる。その後、会社から写真や送られ、気に入れば合意が成立する。ただ女性は「手ぶら」で来るため、掃除に必要な器具のすべては、あらかじめクライアントが用意しなければならない。

なお会社の決まりにより、女性に触れたり、女性の写真を撮ったりすることは禁止されている。




【イギリスで全裸の清掃業者が話題に!!自宅に呼ぶことができる新サービス 〜2ch「分かってないな!脱ぎかけがいいんだよ! 」】の続きを読む
★アンテナヘッドライン★
TOP