★注目の記事★ -アンテナヘッドライン-

東アジアニュース

1: KAIGAISOKUHO 2016/12/20(火) 08:57:31.69 ID:CAP_USER
 
 

【日本人男性、セキュリティチェックに従わず搭乗拒否】

ハノイ市のノイバイ空港で、セキュリティチェック時に靴を脱ぎ、ベルトを外すよう
求められたものの従わなかった日本人男性が、大韓航空から搭乗を拒否される
出来事があった。


500_5


 航空機利用時のセキュリティチェックは搭乗客に義務付けられているものだが、
協力しない乗客は少なくなく、故意に従わない場合は搭乗が拒否され、75万ドン
(約34ドル)の罰金が科される可能性がある。


【【悲報】日本人男性、セキュリティチェックに従わず搭乗拒否〜 2ch「悪いことするときは”日本人”と言うんだよな」】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2016/12/21(水) 16:24:49.16 ID:CAP_USER9
 
 
【大阪・新世界で、串カツ店の売上25万円を強奪】

大阪・新世界で串カツ店の売り上げを奪い、店員にけがをさせたとして、大阪府警浪速署などは21日、強盗致傷容疑で、建設作業員の韓国籍、姜(きょう)良太容疑者(24)=大阪市生野区生野東=を逮捕、送検したと発表した。「生活に困っており、遊ぶ金が欲しかった」と容疑を認めている。府警は、共謀したとして同容疑で職業不詳の韓国籍の男(23)の逮捕状も取り、行方を捜している。

25274677



同市浪速区恵美須東の「串かつじゃんじゃん新世界本店」近くの路上で、同店の男性従業員(27)が持っていた現金約25万円在中の手提げ金庫を奪い、逃げる際に軽乗用車で約14メートル引きずって右膝などに軽傷を負わせたとしている。

 同署によると、付近の防犯カメラの映像などから浮上した。逮捕状の男が軽乗用車を運転し、姜容疑者が車から降りて金庫を奪ったという。
【【悲報】 また韓国か…大阪・新世界で、串カツ店の売上25万円を強奪〜2ch「カツあげかwwwww」 】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2016/12/19(月) 10:13:32.07 ID:CAP_USER9
 

【正義の大統領は薬物中毒!?】

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が強力な鎮痛剤のフェンタニルを使用していたこと認めたことから、ドゥテルテ氏の健康に関する懸念が強まっている。議員らは18日、大統領に健康診断を受けてその結果を公表するよう促した。

n

 ドゥテルテ大統領は12日、過去にオートバイの事故で脊髄を痛めたために、がんや慢性疾患の患者に処方されることが多いフェンタニルの貼り薬をよく使用していたと公表した。しかしドゥテルテ氏が処方された量を超えて「フェンタニルを乱用」していると知った医師に、同剤の使用を止められたという。

 扇動的な言動で知られるドゥテルテ大統領は、これまで数千人が殺害されている同大統領が進める麻薬撲滅戦争や、米国や国連(UN)に対する過激な発言などで物議を醸している。







【正義の大統領は薬物中毒!?ドゥテルテ大統領、習慣性が高く強力な鎮痛剤「フェンタニル」の乱用を認める】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2016/12/17(土) 18:23:22.20 ID:CAP_USER
 

 【日本の「痛車」文化が中国でも流行の兆し】

アニメや漫画は日本が世界に誇る文化の1つだ。日本ではアニメの登場キャラクターのステッカーなどで飾った車は「痛車」と呼ばれるが、この「痛車」文化が中国でも流行の兆しを見せているという。
 

34_c_900x600


 中国メディアの今日頭条は15日、「痛車」文化について「日本の独特の自動車文化」であり、愛車を通じて個性を表現していると中国の読者に向けて紹介すると同時に、なぜ日本の痛車文化が中国で流行しつつあるのかと疑問を投げかけた。 
 

中国では1995年以降に生まれた若い世代を中心にコスプレ文化も流行していることを指摘。コスプレ文化も日本のサブカルチャーの1つだが、中国でコスプレに熱中している若い世代が将来的に自動車市場のボリュームゾーンになれば、同じ日本のサブカルチャーつながりで痛車文化はさらに広まる可能性があると伝え、「痛車文化を理解できない多くの中国人を尻目に、痛車は将来的に中国の自動車文化の1つになるかも知れない」と伝えている。

s-471394
 
【本当に痛い!日本の「痛車」文化が中国でも流行の兆し、コスプレ文化も原因のひとつか】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2016/12/17(土) 06:06:28.25 ID:CAP_USER
 
 
【米 南シナ海で中国軍に無人潜水機奪われる】

南中国海でアメリカ海軍の海洋調査船が軍事用のデータを収集した無人の潜水機を回収しようとしたところ、接近してきた中国軍の艦艇にこの潜水機を奪われ、アメリカ政府は中国政府に即時の返還を求めるとともに、強く抗議しました。

bluefion-plane-search2

アメリカ国防総省によりますと、南中国海のフィリピン・ルソン島の北西およそ90キロの海上で15日、アメリカ海軍の海洋調査船「ボウディッチ」が調査に使っていた無人の潜水機を回収しようとしたところ、接近してきた中国軍の艦艇に先にこの潜水機を引き揚げられ、奪われたということです。 

南中国海では、中国軍の活動の活発化でアメリカ軍との偶発的な衝突への懸念があり、今回の中国の行動によって今後、アメリカとの摩擦が強まる可能性もあります。 【【悲報】米 南シナ海で中国軍に無人潜水機奪われる 中国政府に抗議=2ch「一方日本は北方領土を譲り渡した・・・」】の続きを読む
★アンテナヘッドライン★
TOP