海外速報|2chまとめサイト

世界中の厳選ニュース・話題の記事まとめ

★注目の記事★ -アンテナヘッドライン-

東アジアニュース

1: 名無しの海外速報です 2017/02/15(水) 23:57:34.00 _USER
【金正男暗殺の背景に「血統コンプレックス」】

[アンカー]
金正男(キム・ジョンナム)暗殺の背景には、金正恩(キム・ジョンウン)が持っている「血統コンプレックス」があるという分析も出ています。

金正恩は特に金日成(キム・イルソン)の直系子孫である「白頭血統」を強調してきたが、肝心の自分の実母といえば、高英姫(コ・ヨンヒ)は在日僑胞です。
こうした劣等感の中、実の白頭血統である金正男は目の敵のような存在であったと考えられます。

チョ・ドクヒョン記者です。

[レポート]

金正恩は父親の金正日(キム・ジョンイル)が氏亡した翌年の2012年、実母の高英姫が出てくる様々な映像を公開して偶像化作業に乗り出しました。

高英姫/金正恩の実母(生前の肉声)
「将軍様が最も大変だったその時期を、いつも将軍様のそばに一緒にいながらやってきました。」

北朝鮮が2015年、朝鮮総連結成60周年を大々的に宣伝したのも、日本の大阪出身の在日僑胞である高英姫を押すためという見方が強いです。

朝鮮中央TV(2015年5月)
「在日同胞は母なる祖国と同じ血筋を引き継いだ実の兄弟、一つの家族です。」

しかし、金正恩には実母である高英姫の出身はずっと負担になっていました。

日本の産経新聞は「金日成が生存当時、高英姫が在日僑胞であり、また接待部出身であるために、金正恩を孫として認めなかった。」と報道しました。

このような背景のせいか、北朝鮮の高英姫の偶像化作業は昨年末に中断となりました。

統一部関係者は、「北朝鮮の住民の間で、『元首様は白頭血統ではなく、富士山筋』という言葉が出るほど、高英姫が日本出身という点が家系偶像化のアキレス腱となった。」と分析しました。

一方、金正男については、金日成が94年に訪朝したカーター米国元大統領に自分の一番大事な孫と話すほど認められていました。

つまり、血統コンプレックスを超えられない金正恩が、自身の政権運営を強固にするために異母兄を殺害したのではないかという分析が出ています。

2011122000844_0






【北朝鮮 金正男暗殺の背景に「血統コンプレックス」〜金正恩の実母は日本出身】の続きを読む

1: 名無しの海外速報です 2017/02/15(水) 19:44:41.99 _USER
【“容姿に優れた”北朝鮮の女工作員】

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)氏(45)の殺害を主導したとされる北朝鮮の女工作員たちは優れた容姿を土台に、暗殺や工作専門家として育成されていると伝えられた。

20110810_956017

去る13日、マレーシア・クアラルンプール空港内で手続きを踏む間に身元不明の女2人に毒殺された金正男氏の主犯も、北朝鮮偵察局所属の女工作員だと伝えられた。

外信などによると、女らが「マッサージをする」と接近し、目隠しで金正男氏の目を覆うとすぐに金正男氏は安らかな姿勢を取った。その後、前腕に毒針を置いたと推測されている。

一部では、この女らが“美貌”を武器に自然に金正男氏に接近し、未確認物質(スプレー)を振りかけたと報道した。

美人系を利用した北朝鮮の暗殺・工作始動は以前からおこなわれてきた。

1

1970年代の日本人拉致の際も女性という利点を活用して拉致対象に接近し、1980年代の大韓航空機爆破事件も時限爆弾を設置する役割を遂行したのも女工作員だった。

また、ファン・ジャンヨプ元北朝鮮労働党秘書をはじめとする北朝鮮の高位層脱北者暗殺命令を受けたのも女工作員だ。

北朝鮮工作員の主な武器は毒銃、毒針、毒劇物、拳銃などとされている。また、ボールペン形の毒針は、キャップを数回回せば発射される形態で、針には10ミリグラム投与しただけで即氏する成分が埋められている。

2d4e

女工作員たちはこうした暗殺・工作の武器以外に山岳訓練、射撃、護身術など男性と同様の強度の訓練を受ける。北朝鮮国家安全保衛部所属ウォン某氏に対する検察控訴状を見ると、18歳までに殺傷武器使用法、特殊訓練および軍事学などを学んでいる。









【“容姿に優れた”北朝鮮の女工作員…数年間に渡る暗殺・スパイ教育受ける=金正男氏殺害の主犯も】の続きを読む

1: 名無しの海外速報です 2017/02/16(木) 12:52:19.80 BE:292723191-PLT(19081) ポイント特典
【金正男暗殺を拡声器で北朝鮮住民に教えてやる】

軍当局が15日、北朝鮮に向けた拡声器放送で、金正恩労働党委員長の腹違いの兄である
金正男氏が毒殺されたことを北朝鮮に伝える考えだ。
軍関係者は、「早ければ16日から金正男氏の毒殺に関連する内容を拡声器を通じて
軍事境界線(MDL)近隣地域の北朝鮮住民と軍部隊が聴取できるよう放送する計画だ」
と明らかにした。


no title

軍は、金正男氏の殺害が金委員長の指示でなされた可能性が高いと見て、金委員長の残酷で暴虐な性格を北朝鮮内部に積極的に伝える計画だと、同関係者は伝えた。
別の関係者は、「金正日総書記の長男であり唯一の白頭血統である金正男氏がマレーシアで北朝鮮工作員と推定される女性に毒殺されたことを北朝鮮住民が知ることになれば大きな衝撃を受けるだろう」と話した。

さらに、今回の事件の背後は金委員長という
主張が北朝鮮内部に広まった場合、体制批判など少なからぬ動揺が起きると軍は見ている。

これに先立ち、軍当局は昨年1月、北朝鮮の4回目の核実験に対する措置として前方部隊に配備された拡声器放送を全面的に再開した。
現在、固定式拡声器24台と移動式拡声器16台で1日2~6時間、昼夜を問わず放送を流している。北朝鮮への拡声器放送は最大10キロまで聞こえる。








【韓国「金正男暗殺を拡声器で北朝鮮住民に教えてやる」】の続きを読む

1: 名無しの海外速報です 2017/02/16(木) 06:14:42.25 ● BE:545512288-PLT(16445) ポイント特典
【金正男暗殺犯はベトナムのネットアイドル】

 北朝鮮の金正恩委員長の異母兄弟にあたる金正男氏がマレーシアの空港で殺害された事件で、警察は15日、実行犯とみられる女1人を逮捕したことを明らかにした。
地元メディアによると、女は「殺した相手は、誰か知らなかった」と話しているという。


WS000878

 マレーシアの警察によると、逮捕されたのはドアン・ティ・フォン容疑者(28)で、15日午前、クアラルンプール国際空港で1人でいたところを逮捕された。
女はベトナムのパスポートを持っていた。空港の監視カメラの映像から特定されたという。

 地元メディアによると、女は警察の調べに対して、「ベトナムのインターネットのアイドルです。殺した相手は誰か知らなかった」と供述しているという。

 さらに、この女の他に男4人、女1人の容疑者がいて、2人の女が正男氏を襲い、4人の男はその様子を監視していたという。







2: KAIGAISOKUHO 2017/02/16(木) 06:15:07.98 BE:545512288-PLT(15445)

スプレーで毒物、ハンカチを口に=逮捕の女「いたずら」と供述-正男氏暗殺

 【クアラルンプール時事】1人がスプレーで毒物を吹きかけた後、もう1人が口にハンカチを約10秒間押し付けた-。
北朝鮮の金正男氏暗殺事件で、マレーシアの中国語紙「東方日報」(電子版)は15日、地元警察当局者の話として、女2人が正男氏を殺害した詳細な手口について伝えた。

WcGwMIa

 同紙によれば、正男氏がクアラルンプール国際空港ターミナルで出国ロビーに入る準備をしていたところ、女2人が突然現れ、毒物を使用。
正男氏の口をハンカチでふさぎ、気道に毒物が入ったのを確認すると、すぐに逃走し、空港外に待たせていたタクシーに乗り、行方をくらませた。

 殺害には青酸カリよりも毒性が強い劇薬が用いられたという。警察当局者は毒物の種類については明らかにしなかったが、過去の暗殺事件で使われた例があることを示唆した。

 15日に逮捕された20代の女はベトナムの旅券を持っており、調べに対し、もう1人の女と共にマレーシア旅行に来ていたと供述。
同行していた別の4人の男に空港で「乗客にいたずらを仕掛けよう」と言われ、正男氏に毒物を吹きかけ、ハンカチで口をふさぐよう指示されたという。「殺人とは知らなかった」と主張している。

 6人は13日の犯行後、同じホテルにチェックインしたが、後日もう1人の女と男4人は外出し、戻って来なかった。
逮捕された女は15日に仲間を捜すため、空港に戻ったところを逮捕された。警察当局は姿を消した男女の行方を追っている。







【金正男暗殺犯はベトナムのネットアイドル 「いたずらをしようと言われてやった」】の続きを読む

1: 名無しの海外速報です 2017/02/16(木) 10:43:21.86 _USER9
【キム総書記の元専属料理人の日本人 北朝鮮で開店】

北朝鮮でかつて専属料理人を務め、去年キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長と面会した日本人男性が、ピョンヤンに日本料理店を出したことが、関係者への取材でわかりました。男性は、去年の面会の際、キム委員長に店を出したいと打診していて、出店を許可した北朝鮮側の狙いに関心が集まりそうです。

hqdefault

2001年までの13年間、北朝鮮でキム・ジョンイル(金正日)総書記の専属料理人を務めた藤本健二氏は、去年4月、4年ぶりに北朝鮮を訪問し、後継者のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長や妹のキム・ヨジョン(金与正)氏など要人と面会しました。

藤本氏は、その後、去年8月に北朝鮮に渡航したのを最後に、半年余りにわたって消息が伝えられていませんでしたが、先月、ピョンヤン市内のビルに日本料理の店を出したことが、現地で藤本氏と会った日本人男性への取材でわかりました。

面会した男性によりますと、店は10畳ほどの広さで、藤本氏が握るすしを中心とした50ドルから150ドルまでのコースメニューがあり、日本酒なども置かれていたということです。

藤本氏は、去年4月の訪問から帰国した際、「店を出したい」とキム委員長に打診し、「新しく街をつくっているからそこでやればいい」と了承を得たことを明らかにしていました。

日本人が、北朝鮮で店を出すのは異例で、北朝鮮側の狙いに関心が集まりそうです








【日本でのスパイ活動終了! キム総書記の元専属料理人の藤本氏、生きていた! 〜2ch「藤本美貴も夫婦で在日だよな」】の続きを読む
★アンテナヘッドライン★
TOP