★注目の記事★ -アンテナヘッドライン-

旅行・絶景

1: KAIGAISOKUHO 2016/12/31(土) 07:53:36.09 ID:CAP_USER
 

 中国が韓国行きチャーター便の運航不許可

 韓国の航空会社が中国で申請していた韓国行きチャーター便の運航を中国当局が不許可としたことについて、外交部当局者は30日、「関係官庁(国土交通部)や在中韓国大使館を通じて状況を認識しており、より具体的な内容について確認中だ」とした上で、「関係官庁との緊密な協力を通じ、動向を鋭意注視して対応する予定だ」と明らかにした。

jinair_1

 北京の旅行業界関係者によると、アシアナ航空、格安航空会社(LCC)のジンエアーとチェジュ航空の3社が申請していた8路線の韓国行きチャーター便が不許可となった。

 中国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反対し、韓国のドラマや映画、番組など韓流コンテンツを締め出す「禁韓令」を出し、中国での韓国芸能人の活動を制限している。

1024x684x9a3c2f224344d980f3dc30e

 チャーター便の運航許可を出さなかったのも、「禁韓令」に続く措置で、中国人観光客の訪韓を制限しようとしているのではないかとの見方も出ている。



【中国が韓国行きチャーター便の運航不許可 韓国外交部は「動向注視」】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2016/12/31(土) 08:51:46.96 ID:CAP_USER
 
 
【年越しそば、除夜の鐘、初詣、そして最後は福袋!】

 今年の年末年始はあまり暦の巡り合わせがよろしくないようで、4連休、5連休で終わりという人も少なくなさそうだ。新暦よりも旧暦の正月である春節を盛大に祝う中国では、12月31日から1月2日までの3連休となる。この小連休を利用して日本での年越しを楽しむ中国人観光客も多いことだろう。

1212_soba1

日本で年越しする際に必ずやる5つのことを紹介する記事を掲載した。記事は、日本人にとっては元日が1年のスタートであり「われわれにとっての旧暦の年越しと同様に重要である」と説明。そのうえで、大みそかから正月3が日にかけての日本人の習慣について紹介している。

 1つ目は「年越しそば」だ。江戸時代から続くこの習慣は、細く長いそばが長寿や好事が長く続くことを意味していると紹介。一方で、容易に噛み切れることから災厄を絶つ意味合いも含まれており、そのためには日付が変わる前に年越しそばを食べ終わらなければならない、と説明した。

a0046000_14205298

 2つ目は「除夜の鐘」だ。記事は「そばを食べて体力をチャージしたら、神社に行ってカウントダウンの準備をしよう」とし、日本各地で除夜の鐘をつく儀式が行われると紹介。日付が変わる前に1年間の煩悩を消すべく107つの鐘を鳴らし、午前0時を過ぎた時点で108回目の鐘を鳴らすと説明するとともに、「寒い冬の夜空に響く鐘の音を聞きながら、気持ちを整えて新たな年を迎えるのは、格別な趣がある」と伝えている。

oomisoka

 3つ目は「初日の出」。富士山をはじめとする初日の出の「聖地」に多くの人が集まるほか、近年では初日の出を拝むことができる列車なども流行していると紹介した。4つ目は「初詣」だ。日本人は1年間の幸運を求めて新年に神社仏閣を参拝する習慣があり、この時期には大勢の初詣参拝客を見かけることができるとしている。そして5つ目には「日本の新年に欠かせないイベントだ」として、「福袋」を挙げた。


 
「紅白」を見ながら年越しそばを食べ、除夜の鐘が聞こえて来たら近くの神社やお寺に足を運ぶ・・・あるいは、カウントダウンイベントのある観光スポットで熱狂に包まれながら新年を迎える。普段とは少々趣の異なる日本国内の雰囲気を味わったうえ、最後にはデパートやブランド店、家電量販店などの福袋の「爆買い」まで楽しむことができるという年末年始の日本旅行は、少なからぬ中国人観光客にとって魅力的と言えるのではないだろうか。 【年越しそば、除夜の鐘、初詣、そして最後は福袋! 年越しの日本滞在でやるべきこと=中国メディア】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2016/12/26(月) 19:36:36.19 ID:CAP_USER
 

【なぜ日本人は中国旅行が好きではないのか?】

中国のポータルサイト・今日頭条が、日本人に中国旅行が不人気である理由について分析する記事を掲載した。

src_10869562

今年1月から7月までの訪日中国人数は276万人に達し、すでに過去最高となった昨年の241万人を超えている。しかし、訪中日本人の数は、2012年は350万人だったのが、昨年は270万人に減少した。この理由について記事は、日本人が好きなのは古代中国だと多くの人が考えていると紹介している。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「食品安全の問題、環境汚染、社会秩序、治安ゆえだろ」
「日本人は中国に来たら暴行されると思って恐れているんだよ」

「俺たちだって国内旅行する勇気はない。日本人ならなおさらだ」
「日本人と言わず、中国人だって国内旅行は嫌だよ。実際の旅行代金以上の代価を支払うことになる」

「民度の高い人が民度の低い所に来るとでも思っているのか?」
「中国の観光地はぼったくりがすごいからな。貧乏人は家にいた方がいい」

「スモッグが吸いたかったら来たらいい。スモッグはタダだ」
「俺は国を愛している。中国にはスモッグが多く税金が高く環境が良くて誇らしい」


src_10747521



【なぜ日本人は中国旅行が好きではないのか?「中国人だって国内旅行は嫌だ」=2ch「中国人は美形多い 鼻毛でてるけどwwwww 」】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2016/12/27(火) 12:27:59.15 ID:CAP_USER
 
 
【「遅延」が理由じゃない!?なぜ中国人は新千歳空港で暴れたのか】

2016年12月27日、北海道札幌市の新千歳空港で中国人100人余りが飛行機の遅延に抗議し、騒動になったが、その背景には何があったのか。

20151005093252

騒動が起きたのは24日夜。大雪の影響で新千歳空港に足止めされていた中国人100人余りが抗議。このうち、数人が制限区域に進入して警官に詰め寄るなどの行為に及んだ。この騒動は日本のメディアで大きく報じられたが、騒動の経緯については詳しく伝えられていない。

香港のメディアは、「2晩空港に足止めされた女性によると、床の上に直接寝なければならず、物資はほとんど尽きていて、空港職員が配る食事も全員がもらえたわけではなかった。旅行者の中には薬や赤ちゃんの粉ミルクがなくて困っている人もいた」などと伝えた。実際、中国人2人が体調不良を訴えて病院に運ばれている。  


もちろん、騒動を起こした一部の中国人客の行動は非難されてしかるべきであり、実際に中国のネットユーザーからも批判するコメントが寄せられている。しかし、言葉の通じない異国の空港でまったく見通しが立たないまま3日間も足止めされ、食料や水も満足に手に入らない状況で憔悴(しょうすい)し、不安感が増していたという背景はくんでも良いだろう。 【「遅延」が理由じゃない!?なぜ中国人は新千歳空港で暴れたのか 〜「暴れるのなら、天安門の前で暴れろ!!」】の続きを読む

1: KAIGAISOKUHO 2016/12/24(土) 15:51:37.32 ID:CAP_USER
 
 
【YOUは何しに韓国へ?】
〜日本には「また再訪したい」と思わせる魅力があるのに、韓国が「そうではない」理由

円安が進行したことなどによって順調に訪日客が増加を続けているが、日本政府は2020年までに現在の約2倍となる4000万人、30年には6000万人の訪日客数の達成を目標に掲げている。同目標の達成には今後いかにリピーターを獲得できるかが重要となるだろう。

BSfWeoRb_20160822090136

 日本を訪れる中国人旅行客の数は年々増加しており、観光立国を目指す日本にとっては順調そのものだが、特に注目に値するのはリピート客の多さだ。

過去1年以内に国外旅行をした中国人のうち、日本を訪れた中国人観光客のうち半数以上にあたる54%がリピーターであったという。

中国人から「日本では役所でも銀行でもレストランでも、接客態度はすばらしく、客が神様として扱われているが、韓国は決してそうではない」という意見が寄せられ、多くのネットユーザーたちの同意を得ていた。

「東京の銀座で買い物をした時、何も買わずに店を出たにもかかわらず、店舗スタッフは『お気に召すものがご用意できず、申し訳ありませんでした』と頭を下げていた」

「韓国で買い物をした際、値引き交渉をしようとしたら店主に店から押し出され、罵られた」と伝え、こうした差によって日本を訪れた中国人は「また日本に行きたい」と考え、韓国には「もう行きたくない」と考えるのだと伝えた。


20151204080218_1553442076_10066_8

中国メディア・参考消息の2016年2月の報道によれば、韓国を訪れる中国人旅行客のうち、リピーターの割合はわずか20%程度にとどまっているという。 【YOUは何しに韓国へ? 日本には「また再訪したい」と思わせる魅力があるのに、韓国が「そうではない」理由】の続きを読む
★アンテナヘッドライン★
TOP