海外速報|2chまとめサイト

世界中の厳選ニュース・話題の記事まとめ

★注目の記事★ -アンテナヘッドライン-

海外旅行

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1: KAIGAISOKUHO 2017/01/19(木) 20:30:09.80 ID:CAP_USER9
 

【大阪の外国人観光客数過去最高に】
 
 去年1年間に大阪を訪れた外国人観光客数は、前の年を230万人上回る約941万人で過去最高となりました。


さらにイギリスの旅行ガイドブックが発表した、今年行くべき都市トップ10に大阪が8位でランクインしていて、さらなる増加が期待されています。


 「2025年には(1位の)パリをひっくり返しているくらい、ポテンシャルはある」(溝畑宏観光局長)

 大阪観光局は、アジアに加えヨーロッパやアメリカからの観光客を取り込みたい考えで、宿泊施設や多言語サービスなどを充実させるとしています。

s-07310617

26

04DSC_0185

blog-OSK2-1

25426012919

【外国人に大人気!大阪の外国人観光客数過去最高に 〜そんな大阪の魅力の秘密とは】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1: KAIGAISOKUHO 2017/01/18(水) 20:04:24.38 ID:CAP_USER9
 
 
【アパホテル、中国国内からネット予約できず】

中国の複数の大手インターネット旅行代理店で18日、客室に旧日本軍による「南京事件」を否定する内容の書籍が置かれているとして、批判が出ているアパホテルの予約ができなくなった。

1

中国は27日から春節(旧正月)の大型連休に入る。日本も人気の旅行先だが、影響が長引く可能性もある。
このうち、予約サイトの「携程(シートリップ)網」では、18日には検索しても同ホテルが表示されなくなった。
問い合わせ先の担当者は「南京大虐殺を否定するような書籍が置かれているため。国内の多くのサイトでも予約できない」と語った。




【南京事件否定の書籍の効果!!アパホテル、中国国内からネット予約できず 〜靖国神社のお札を貼っておけば完璧】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1: KAIGAISOKUHO 2017/01/15(日) 19:21:42.13 ID:CAP_USER
 

【バンコクの悪徳タクシー、あり得ない速さでメーターが上がる】

乗車拒否やボッタクリなど、悪徳タクシードライバーも多いタイ・バンコクですが、FacebookユーザーのP Supatach Buathongkaewさんにより2017年1月12日、改造メーターのタクシーの動画が投稿され話題です。

taxi

動画を見てみると、あり得ないほどの速さでメーターが上がっていくのがわかります。これはタクシーのボッタクリ手段の一つで「ターボメーター」とも呼ばれるもの。普段タクシーに乗っていればメーターの上がる速度がおかしいことは一目でわかりますが、初めてバンコクを訪れた旅行者にはまず分からず、元々タクシー料金が安いこともあって(初乗り35バーツ、日本円にして100円強)、被害にあったことさえ気付かない可能性もあります。

10c

ボッタクリといえば特に夜の繁華街などで、行き先を告げるとメーターを利用せず僅かな距離でも「200バーツ」などと言ってくるタクシーも少なくありません。バンコクのタクシーはメーターの利用が義務付けられており(長距離は除く)、警察に見つかれば摘発となる案件です。
 
動画はこちら
そういう悪徳タクシーは無視をして、他のタクシーを探すことをお勧めします。ちなみに筆者が深夜のスクンビット通りでタクシーを待っている際、来るタクシー、来るタクシーが「200バーツ」と言ってきたため、助手席前にあるタクシー運転手の身分証明書をスマホで撮影していました。少なくないドライバーが怒りを表し、1人はタクシーから降りてきたため筆者はすぐに逃げました。中には暴力に訴えるタクシーもいるため、トラブルになる恐れのあるこのような挑発行為はなるべく控えましょう。

【【悲報】バンコクの悪徳タクシー、あり得ない速さでメーターが上がる(※動画あり)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1: KAIGAISOKUHO 2017/01/16(月) 19:30:55.22 ID:CAP_USER9
 

【NYタイムズ紙が選ぶ“今年行くべき世界の52カ所”に大阪が選出】

ニューヨーク・タイムズ紙が選ぶ「今年行くべき世界の場所2017」に
大阪が入った。12回目の選考だが、大阪が選ばれたのは初めて。

英国の旅行ガイド出版社も「今年行くべき世界10都市」に大阪を選んだといい、観光局は「世界から大阪が注目されている」とさらなる外国人観光客増に期待を寄せている。

 81892

 NYタイムズ紙は1月4日付のインターネットサイトで世界の52カ所を選出した。大阪は、ネオンの看板が水面に映る道頓堀の写真を添えて「食を楽しめる街」と紹介された。4月28日から大阪市住之江区のインテックス大阪で和食文化などをテーマに開かれる大規模イベント「食博」にも触れている。日本からは沖縄周辺の島々も入った。

20160131109-01
 

 英国の出版社「ラフガイド」は、パリや米・アトランタとともに大阪を選んだ。毎月700万人の旅行者が閲覧するとされる同社のインターネットサイトで法善寺横丁や大阪城などを紹介している。



hozenji_yokocho09
※法善寺横丁 【NYタイムズ紙が選ぶ“今年行くべき世界の52カ所”に大阪が選出!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1: KAIGAISOKUHO 2017/01/11(水) 16:06:32.04 ID:CAP_USER
 
 
【中国人が日本で日本人っぽく見える方法とは?】

 日本人と中国人、西洋人に言わせると「どちらも同じように見える」とのこと。しかし、話す言葉が違うのは言うに及ばず、顔だちや服装の特徴、仕草など大小さまざまな部分において違いが存在する。

32050_2

この年末年始に10日間の日程で日本を訪れた中国人の個人旅行。文章の作者は旅行中、毎日のように日本で日本人に日本人と間違われたとのことである。「日本語ができないうえに、英語もひどいレベルの自分が、一体どうやってそれを実現したか」として、日本人に見られるような振る舞い方についてレクチャーしている。

 日本人の服装について「若者は比較的鮮やかな色彩のものを着るが、サラリーマンなどはみな冷淡な色あいの服装だ」とした。そのうえで、1点目として「着る服は3色を超えないようにすること。そして、黒やグレーを基調とすること」を挙げた。

ph1

 2点目は、「静かにすること」だ。携帯電話はサイレントモードにし、公共の場ではあまり話をしないようにする、話すときには10デシベルがベストだ、などとしている。10デシベルは聞こえるか聞こえないかの限界レベルに近い静かさだ。その表現からは、日本の公共の場における静かさに対する驚きが伺える。

tyourei

 3点目は、「人と相対する時は、必ず頭を少し下げるか、腰を10度曲げる」というもの。そして、4点目は「すみません」と話を始め、一言しゃべるたびに頭を軽く下げ、最後は「ありがとうございました」で会話を終えるとしている。4点目は日本語ができないという条件ではかなり難しそうだが・・・。

 中国のネットユーザーからは

「なんで日本人を装う必要があるのか理解できない」
「民度の高い日本人の真似を中国人がするのは実に難しい」

ともあれ作者は、この4点に気を付けることで毎日のように現地の日本人から日本人と間違われることに喜びを覚えつつ、10日間に及ぶ東京、北海道、京都の旅を楽しんだようである。


 



【【悲報】10日間の日本旅行で編み出した、中国人が日本で日本人っぽく見える方法とは?】の続きを読む
★アンテナヘッドライン★
TOP