海外速報|2chまとめサイト

世界中の厳選ニュース・話題の記事まとめ

★注目の記事★ -アンテナヘッドライン-

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1: KAIGAISOKUHO 2017/01/15(日) 08:55:29.23 ID:CAP_USER9
 

【トランプ次期米大統領が就任式ボイコットの黒人議員を攻撃】

トランプ次期米大統領は14日、ツイッターで、20日に行われる自身の大統領就任式を
ボイコットする考えを示した民主党のジョン・ルイス下院議員を
「口先だけで行動も成果もない。悲しいことだ」と攻撃した。


wor1701150009-p1

ルイス氏は公民権運動の闘士として知られる。

米国は16日に公民権運動の成果をたたえる「キング牧師の日」を控えており、反発が広がりそうだ。

ルイス議員は13日放送のテレビ番組で「トランプ氏を正当な大統領とは考えていない」として就任式欠席を宣言。

これに対し、トランプ氏は「ルイス議員は選挙結果に不当な文句をつけるのではなく、
犯罪がはびこり、恐ろしい状態にある選挙区を良くするのにもっと時間を使うべきだ」とツイッターに書き込んだ。

米メディアによると、このつぶやきに対しては14日にワシントンで行われたデモ行進の中で反発の声が上がり、共和党内からも「ルイス氏の歩みに敬意を払うべきだ」などと批判が出ている。






この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1: KAIGAISOKUHO 2017/01/14(土) 23:54:34.09 ID:CAP_USER
 
 
【トランプ大統領にカジノで勝った「日本人男」が惨殺されるまで】
 
海千山千の「勝負師」トランプは、不動産開発そしてカジノ経営にも手を出した。当然、マフィアとの関係が取り沙汰された。事件が起きたのは、1992年1月3日。日本人カジノ長者が自宅で惨殺された。

7b6f9_1581_0dd01aebe142f8314559e312364e03d9


 当時から「マフィア説」「トランプ謀殺説」が噂されたが、2007年に事件は時効を迎え、迷宮入り。本誌は事件を洗い直すため、遺族そしてカジノ業界関係者たちに取材をかけた。トランプと事件の点が線でつながった――。

img_adae96bc0fea4096009f294f463bb6b0525286

「トランプと聞いて、忘れかけていた殺害事件を思い出しましたよ。当時は、トランプさんとの関係が盛んに取り沙汰されましたから」

 富士山のふもとに広がる山梨県富士河口湖町。長年そこで暮らす72歳の女性が、こんな言葉を漏らした。

 1992年1月3日夜、不動産会社「柏木商事」社長の柏木昭男さん(当時54歳)が惨殺氏体で発見された。時価50億円ともいわれた邸宅は血の海と化し、のど、胸、首などを二十数カ所、滅多斬りにされた残忍な手口は河口湖町の住人を震撼させた。

akiokashiwagi250x300

 当時、事件を取材した記者が語る。

「部屋を物色した形跡もないことから、柏木さんにかなりの恨みを持つ者の犯行とみられました。開いていたのは勝手口のカギだけ。手口から見てもプロの犯行と捜査本部はみていました」

 たしかに、柏木さんに恨みを持つ者は多かった。河口湖町に住む75歳の男性が言う。

「カジノに連れていかれ、『カネがないならいくらでも貸すぞ』と。でもカネを借りたら最後、土地を取られて消えていった住民も多い」

 意外に思える柏木さんとドナルド・トランプとの接点。2人を結びつけたのがカジノだ。日本でバブル経済が頂点に達した1990年1月、柏木さんはオーストラリア北部のカジノでバカラ勝負に挑み、29億円もの大勝利を収めていた。

「ハイローラー」(高額な賭け金を張る上客)として名を馳せた柏木さんには、世界中の大手カジノからの招待状が殺到した。その一人がトランプだった。

bac-1024x718

 トランプは1982年、アトランティックシティに、カジノを併設する巨大ホテル「トランプ・プラザ」をつくった。

 だが、1990年、不動産業界が不況に見舞われると、カジノも苦境に陥る。乗り切るために必要なのが、世界的に有名な「ハイローラー」を招待することだった。トランプにとって、1回20万ドル(当時、約3000万円)、1200万ドル(同18億円)を上限に勝負する柏木さんは、まさにおいしい客だった。

 柏木対トランプの第一戦は1990年2月。柏木さんが600万ドル(同9億円)の勝利を収めた。これで「トランプ・プラザ」は極端な資金難に陥り、アトランティックシティでもっとも財政状況の悪いカジノに成り下がった。


(続きはサイトで)
この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1: KAIGAISOKUHO 2017/01/15(日) 00:18:31.54 ID:CAP_USER9
 

【世界の大富豪に共通する7つの共通要素】

ビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェット、柳井正、孫正義。
いずれも言わずと知れた有名企業の創業者であり、世界的な大富豪だ。
そんな大富豪の自伝や伝記から、彼らの成功の秘訣をまとめた『大富豪の伝記で見つけた 1億稼ぐ50の教え』(サンクチュアリ出版)が話題だ。

warrenbuffett

今回、同著の著書にして、成功データアナリストの高田晋一氏に、大富豪に共通する成功を導くための哲学や習慣を聞いた。
我々ビジネスパーソンが明日にでも実行可能な成功をつかむためのカギとは――――

bill


――では、そんな大富豪に共通する要素とはなんでしょうか?

高田:本書では大富豪1人1人の伝記から彼らにまつわる50の「教え」を紹介していますが、共通するポイントは主に7つに分類できます。

1.大好きなものに没頭しよう

まず1つ目は大好きなものを仕事にしている。
たとえば「投資の神様」と呼ばれるウォーレン・バフェットは、幼い頃から数字が好きで、聖書で最も多く使われている文字を数えたり、賛美歌の作曲者の寿命から信心深さと寿命の相関関係を調べたりしています。
また、これは有名な話ですが、スティーヴ・ジョブズやマーク・ザッカーバーグは同じ服を何日も着回して、好きなことや自分の仕事以外にかける時間を極限まで減らしています。
成功するための要因のひとつに「1つの物事をできる限り長く続けている人ほど成功しやすい」があります。
常識的に考えて、同じ仕事であれば、多く時間や労力をかけている人のほうが成功しやすい。
好きなことであれば、なおさら続けやすいでしょう。

2.敵や抵抗者は全力で叩き潰そう

よく「金持ちけんかせず」と言いますが、実際は真逆で、大富豪ほど負けん気が強く、敵や抵抗者はガチで潰す人が多いです。
たとえば「メディア王」の異名を持つニューズ・コーポレーションのルパード・マードックは、同じく「メディア王」と呼ばれたロバート・マクスウェルを徹底的に嫌悪しています。
こういったタイプは、みんなで仲良くやっていこうというよりは、自らの事業を邪魔する奴らは全て敵であり、叩き潰すという発想です。
ただ、言い換えれば、それくらいスケールの大きい理想を描いて、自らの事業に情熱を注いでいるのだとも言えます。




この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1: KAIGAISOKUHO 2017/01/15(日) 09:45:03.84 ID:CAP_USER9
 

【中国人がタイのビーチに大量の中国国旗を突き立てる】

タイのシミラン諸島で7日、中国人が大量の中国国旗をビーチに突き立て、周囲の人々の注目を集めた。


no title

no title

写真を見ると当事者らはそろいの服装をしており、肩車をしながら

国旗を指す位置を確認したりしていることから、何らかの形を
作ろうとしていた可能性もある。記事では、中国人らが何を
目的としていたかなどについては記されていない。

中国のネットユーザーの反応

「どういう意味で差したの?タイのビーチを占領したいってこと?それとも…」

「他国の領土でこんなことしちゃダメだろ。外国人が中国で国旗を突き立てたらどう思うんだ?」

「両国の国旗ならよかったけどね」

など、批判的な声が多く寄せられている。





この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1: KAIGAISOKUHO 2017/01/15(日) 19:56:07.23 ID:CAP_USER9
 

【「毛皮を買わないで」寒空の下 パンツ一枚で抗議、フランス  

no title
※フランス東部ストラスブールで、「赤裸々な真実:毛皮は殺害行為」と書かれたプラカードを手に毛皮売買に抗議する動物愛護団体「アニマルザス」のメンバー


フランス東部ストラスブール(Strasbourg)で14日、動物愛護団体「アニマルザス(Animalsace)」の活動家たちがパンツ一枚の姿で「毛皮を買わないで」「赤裸々な真実:毛皮は殺害行為」などと書かれたプラカードを掲げて、毛皮の売買に抗議した。




この記事の続きを読む

スポンサードリンク

★注目の記事★ -アンテナヘッドライン-
TOP